【マイクラ】焚き火の作り方や特徴について解説!

マインクラフトに登場するツール「焚き火」についての解説です。

肉を焼いたり、明かりとして利用したり、建築に使うなど幅広く使うことができます。

焚き火について

マイクラ 焚き火

焚き火(統合版ではたき火)とは、生肉や生魚を焼くことができるツールです。

大きな特徴として、かまどとは違い石炭などの燃料が必要ないこと。

そのほか、明かりや狼煙(のろし)としても使うことができます。

焚き火の作り方

マイクラ 焚き火レシピ

焚き火は、「棒」3個と「石炭」1個と「原木」3個をクラフトすると作れます。

また石炭は木炭で代用でも構いません。

さらに原木は樹皮を剥いだもので代用してもOKです。

焚き火の使い方

マイクラ 焚き火使用

焚き火の使うためには、まず作業台と同じようにどこかの地面に置きます。

次に焼きたい生肉や生魚を持った状態で、焚き火に向かって道具を使うボタン(右クリックやZLボタンなど)を押すとOKです。

(最大4つまで置けます)

あとは30秒ほど待つと焼かれた肉や魚が出来上がり、アイテム化されます。

ブタさん

燃料を使わなくても焼き放題だからお得ブヒね~

焚き火の特徴

煙が上がる

マイクラ 焚き火煙

焚き火は、上に向かって煙が上がります。(高さ10ブロックほど)

つまり目印になるので、拠点などに置いておくと迷いにくくなるかもしれません。

ちなみに「干草の俵」(小麦9個をクラフト)を焚き火の下に置いた場合は、さらに高くまで煙が上がります。

マイクラ 焚き火と干草の俵

明かりとしても使える

マイクラ 焚き火明かり

焚き火は明かりとしても使うことができます。

明かりの強さはたいまつよりも強い15レベルです。

焚き火の火を消す/付ける

マイクラ 焚き火鎮火

焚き火の火は消すこともできます。

やり方は、水が焚き火の火に触れるだけです。

水バケツなどを使うとその場で消すことができます。

また火を消した焚き火でも、「火打石と打金」を使うことで再点火することが可能です。

マイクラ 火打石と打ち金

焚き火の火は燃え移らない

マイクラ 焚き火燃え移らない

焚き火の火は他のブロックに燃え移ることはありません。

そのためエントツなどの建築や、暖炉といった装飾にも使うことができます。

焚き火の上に乗るとダメージ

マイクラ 焚き火ダメージ

焚き火の上に乗るとダメージを受けるので注意しましょう。

あくまでも焚き火の上に乗っている間だけのダメージなので、火が燃え移ることでのダメージは受けません。

回収するときはシルクタッチを使おう

焚き火をそのまま壊してしまうと、木炭2個になってしまうので注意しましょう。

回収したいときは、壊したブロックをそのままの状態にしておけるエンチャント「シルクタッチ」があると、焚き火のまま回収できます。

ブタさん

ちなみに壊すときは斧が早いブヒ!

こちらもオススメ