【マイクラ】模様入りの本棚の作り方、本の保管方法など

マインクラフトに登場するブロック「模様入りの本棚」についての記事です。

模様入りの本棚の機能や、使い方などを紹介しています。

※この記事はJava版のスナップショットを元に作成されたものです。本実装時には異なるおそれがあります。

模様入りの本棚について

マイクラ 木彫りの本棚サムネ

模様入りの本棚とは、2023年予定のアップデートver1.20にて実装が予定されている新しいブロックです。

大きな特徴は、各種本を保管しておくことができること。

最大で6冊まで保管することが可能で、それに合わせて本棚の見た目も変化します。

また通常の本棚とは違い、エンチャントテーブルには影響しないので注意しましょう。

マイクラ 木彫りの本棚の保管

ブタさん

模様入りの本棚は、エンチャント「シルクタッチ」を使わないと消えてしまうから注意するブヒ!

※模様入りの本棚を壊したとき、保管していた本はその場に散らばります。

関連 マインクラフト1.20アップデートまとめ

模様入りの本棚の作り方

マイクラ 木彫りの本棚クラフト

模様入りの本棚の作り方は、板材6個と板材のハーフブロック3個をクラフト。

板材の種類はどれでも可能で、いろんな種類の板材を混ぜてもOKです。

模様入りの本棚の使い方

マイクラ 模様入り本棚に保管する

模様入りの本棚に本を保管するには、模様入りの本棚に向かって保管したい本を手に持った状態で道具を使うボタン(右クリックやZLボタン、L2ボタンなど)を押すとOKです。

模様入りの本棚から本を取り出すには、模様入りの本棚に向かって本を手に持っていない状態で道具を使うボタン(右クリックやZLボタン、L2ボタンなど)を押せば取り出すことができます。

また、取り出すときは本が周りに散らばるのではなく、直接インベントリに追加されるのもポイントです。

模様入りの本棚に保管できるアイテム
ブタさん

ちなみに最後に保管した本から順番に取り出すブヒね

模様入りの本棚でレッドストーン信号を発信させる

模様入りの本棚とレッドストーンコンパレーター

模様入りの本棚にレッドストーンコンパレーターをつなげることで、レッドストーン信号を発信することができます。

レッドストーン信号の強さは、保管している本の数によって強さが変化します。

マイクラ 木彫りの本棚とレッドストーン信号の強さ

保管している本の数 レッドストーン信号の強さ
0 0
1 1
2 2
3 3
4 4
5 5
6 6

ホッパー、ホッパー付きのトロッコ、ドロッパーに対応

マイクラ 模様入りの本棚とホッパー

模様入りの本棚は、ホッパーとホッパー付きのトロッコとドロッパーを用いて各種本を出し入れすることが可能です。

ホッパーやドロッパーに入っている本は左上から順番に、模様入りの本棚に入っていきます。

本が模様入りの本棚からホッパーに入るときは、最後に保管された本から順番です。