マイクラ Java版

マインクラフトをこれから遊ぼうといった方に、どの種類のマイクラがオススメか解説します。

同じマインクラフトでも種類によって結構違ってたりするので買う前には注意が必要です。

はじめに

マイクラ イメージ

マインクラフトを始めようと思ったものの、種類が多すぎてどれを買えば良いのかわからないという方も多いのではないでしょうか。

同じマインクラフトでも種類によって仕様が違っていたりするので、適当なモノに手を出したけどやっぱり別のマイクラがしたい!となるかもしれません。

そこで各マイクラの仕様やどういったところがオススメなのかを解説していきます。

今のマイクラは大きく分けて3種類ある!

マインクラフトには様々な種類がありますが、大まかに3つに分けることができます。

  • Java版(PC)
  • 統合版(BE版)
  • その他のバージョン

まずは本家本元のマイクラJava版について解説していきますね。

本家はJava版(PC版)

マイクラ Java版

いわゆる本家と呼ばれるPC版のマインクラフトが「Java版」になります。

Java版の良いところ

マイクラ 影MOD

本家だけあってアップデートが早く、MODと呼ばれる拡張データを導入することで他のマイクラとは違った遊び方が可能です。

MODにはグラフィックを大きく向上させるものや、新しい敵やアイテムが出てくるような冒険心をくすぐるモノ、あるいはプレイ中に不便と感じたようなところを修正したものなど様々。

元々自由なマインクラフトがさらに自由に遊べるようになるのでYouTuberなど配信者にも人気です。

またワールド(マップ)の大きさも無限大なのでいくらでも作りたいものが作れちゃいますね!

Java版のイマイチなところ

いらすとや PC

Java版を遊ぶためには十分な性能を持つPCが必要です。

シンプルな見た目に騙されがちですが、PCにかなりの負担を与えるゲームなのでノートパソコンぐらいのスペックだと存分に動かせません。

Java版の魅力の1つであるMODを入れるとさらに負荷が大きくなるので、それなりにスペックのあるデスクトップPCをオススメします。

またMODの導入も詳しく説明しているサイトは多いものの、それでもPCの知識に疎い方はかなり苦戦するのではないでしょうか。

そのため遊べることは最も多いけれども、遊ぶまでのハードルが一番高いのがこのJava版となってます。

ブタさん

PCの性能や知識に自信がある方はJava版が絶対におすすめブヒ

Java版の購入方法

マイクラ 公式トップ

まず気をつけたいのは同じPC版でもJava版とWindows10版は別物ということです。

(後で説明しますがWindows10版は統合版と呼ばれる種類に含まれます。)

そのためWindows10に付属しているストアから購入するのではなく、マインクラフトの公式ページから購入するようにしましょう。

値段は3000円で対応OSはWin/Macどちらもあります。

基本的にはマインクラフト公式ページからアカウントを作って購入。

ですがその前に公式でアカウントを作るとDEMO版、つまり体験版がプレイできるので先にちゃんと動くか確認しておきましょう。

支払いの方法はクレジットカードか、プリベイトカードです。

未成年でもプリベイトカードならアマゾンなどで購入することができますね。

アマゾンの支払いなら代引きやギフトカードによるチャージがあるので決済も簡単です。

プレイ人口の多い統合版(BE版)

マイクラ Win10版

スマホやスイッチ、XBOXONEやWindows10(Java版ではありません)などのマイクラは「統合版マイクラ」です。

ちなみにあのヒカキンさんも現在この統合版マイクラ「Windows10版」をプレイしていますね。

統合版の良いところ

いらすとや 携帯ゲーム

なんといってもこの統合版の魅力は、異なる機種間での多人数プレイに対応していることです。

通常マイクラはJava版ならJava版としか、WiiU版ならWiiU版同士でしか一緒に遊ぶことができません。

しかしこの統合版ならスマホとスイッチなど、異なる機種でも一緒に遊ぶことができます。

高性能なPCやゲーム機などは誰もが持ってるモノではないので、マイクラをみんなでやりたいけど持ってる機種はバラバラなんてことも珍しくないハズ。

そのため誰かを誘って(または誘われて)一緒にやりたいなんて方にはこれがオススメ!

またJava版のようにワールドが無限だったり、アップデートもJava版と同じぐらいに早いのもポイントですね。

統合版のイマイチなところ

統合版ではMODのような拡張性はありません。

しかしマインクラフトは元々の状態でもメチャクチャ遊べるゲームなので人によっては気にならないと思います。


総じて始めるまでに複雑な設定や知識も必要なく、誰かと一緒に遊びやすく手軽に始めることができるマイクラですね!

(強いて言うならマルチプレイをするまでの登録がちょっと面倒なぐらいでしょうか)

ブタさん

はじめてマイクラに触れるならコレがおすすめブヒ

各種統合版について

では統合版に当たるそれぞれのマイクラについて解説していきますね。

Windows10版

マイクラ Win10版購入

Java版と同じようにある程度のPCスペックが要求されますが、統合版なので違う機種間で一緒に遊べるのがポイントですね。

ただしPCといえどmodは導入できないので注意!

購入方法はWindows10に付属されているMicrosft Storeから「Minecraft」で検索すると出てくるのでそちらから購入しましょう。

値段は3150円です。

スマートフォン・タブレット版

元々はPE(Pocket Edition)版と呼ばれていましたが、現在では統合版マインクラフトとしてリリースされています。

値段が安いのは魅力的ですが、スマホやタブレットの性能次第では存分にゲームを動かすことができないので注意しましょう。

またコントローラーのプレイに慣れてるという方は、タッチパッドによる操作がやりにくく感じるかもしれません。

購入方法はスマホやタブレット版それぞれのOSに合わせてアプリストアから購入しましょう。

2019年11月現在、Google playでは900円、App Storeでは860円です。

※時期によって値段が変動する可能性もあります。

Google Play で手に入れよう

スイッチ版

スイッチ版も現在ではマインクラフト統合版としてリリースされています。

安定したゲームプレイや持ち運びできるところがポイント。

またコントローラーの数さえあれば家族で一緒に遊ぶことなんかもできるところも良いですね。

ただしスイッチ版では「Nintendo Switch online」に加入しないと、オンラインでマルチプレイができないので注意!

スイッチ版はパッケージ版を購入するか、スイッチからニンテンドーストアにアクセスしてダウンロード版を購入しましょう。

定価はパッケージ版DL版ともに3,960円ですが、パッケージ版だとちょっとだけ値引きされてることも。

また本体とセットもあるので、この機会にスイッチ本体と一緒に揃えるのも良いかもしれませんね。

PS4版

PS4版は元々「PlayStation4 Edition」と呼ばれるものでしたが、2019年12月に統合版へと移行しました。

パッケージ版とダウンロード版ともに、ネットに接続することで自動的に統合版へとアップデートされます。

PS4版の長所としてマシンのスペックを活かした大画面でキレイな映像や、ゲーム自体も安定して動いてくれるところ。

ゲーム機のプレイだけあって、手軽に始めることができるのも良いですね。

またオンラインでマルチプレイをするためには「Play Station Plus」に加入する必要があるので注意しましょう。

定価は2,640円でパッケージ版、ダウンロード版お好みでどうぞ。

もしPS3版かPSvita版のダウンロード版を持っているなら、割引が効くダウンロード版がオススメです。

詳しくはPS版マイクラ公式サイトを確認してください。

PS4 EditionとStarter Collectionの違い
PS4版のマイクラには、「Minecraft PS4 Editon」と「Minecraft Starter Collection」の2つの種類があります。
どちらも同じ統合版として遊ぶことができますが、細かい違いがあるので注意してください。
PS4 Editonは統合版ではなかった頃の古いバージョンです。インターネットに接続することで統合版にアップデートされます。
Starter Collectionは統合版の新しいバージョンです。PS4 Editionと比べると値段は高いですが、ゲーム内で使える通貨(有料)が700トークン付属し、さらにプレイヤーやブロックの見た目を変更できる4つのパックが追加されています。
マイクラ マーケットプレイス
トークンは見た目を変更するテクスチャパックやスキンパックを購入するために使います。

その他のバージョンもある

Java版でも統合版でもないマインクラフトです。

ここでは主に旧世代ゲーム機のマイクラがそれにあたります。

機種によって仕様が違うので、それぞれの種類ごとに解説していきますね。

3DS版

3DS版のマインクラフトは2画面を使った操作性が便利なものの、やはり携帯機ということもあり厳しいところも。

プレイを続けていくと次第に動作が重くなったり、データのセーブが上手くいかなかったりと致命的な欠点があります。

グラフィックも他の機種と比べると粗いですし、ワールドの大きさも制限されることに。

アップデートもかなり遅れてる上に、既に打ち切られているのも厳しいところですね。

そういったバグや問題点の多さからオススメできません。

3DSでのパッケージ版はなくダウンロード版限定なので、本体同梱版を買うかニンテンドーeショップから購入しましょう。(定価3,888円)

一応海外版だとパッケージ版がありますが日本の3DSでは動かないので注意。

また旧3DSでは動かず、プレイするには「New3DS」「New3DSLL」「New2DSLL」のどれかである必要があります。

購入する前にはしっかり手持ちの3DSの種類を確認しましょう。

旧世代機版

PS3

WiiU版、PSvita版、PS3版、XBOX360版などがこれに当たります。

正直なところこの旧世代機版はオススメできません。

アップデートが既に打ち切られているのもそうですが、なんといってもマシンのスペックが低いので動作が安定しません。

プレイをしばらく続けていると、いろんな建物を作ったりたくさんの動物や農作物を育てたりなど様々なモノを作っていくと思います。

しかしそうなればなるほどマシンに負担がかかっていくので、動きがカクカクしたり遅くなったりすることも。

さらにワールドの大きさもかなり制限されてるので、かなり窮屈さを感じてしまうことがあります。

購入方法はパッケージ版、ダウンロード版があるのでお好みでどうぞ。

PS版とXBOX版は定価2,592円、WiiU版は定価3,888円です。

ブタさん

できれば他のマイクラにしておきたいブヒ…

まとめ

それぞれのマイクラの簡単なメリットとデメリットをまとめるとこんなものになります。

マイクラの種類 メリット デメリット
Java版(PC版) できることが最も多い

ワールドが無限

アップデートが早い

ある程度のPCのスペックや知識が必要
統合版(スマホ、スイッチ、PS4、Win10版など) 違う機種同士でも一緒に遊べる

ワールドが無限

アップデートが早い

手軽にはじめられる

MODの導入ができず拡張性がない
その他(WiiU、PSvita、3DSなど) 手軽にはじめられる MODの導入ができず拡張性がない

アップデートが遅い(ない)

ワールドが有限

Java版ではそれなりにスペックのあるPCが必要だったり、フルに遊びきろうとするならある程度のPCの知識が必須なものの、それ以上にMODによっていろんな遊び方が楽しめるのが魅力的ですね。

統合版は機種が違っていても同じワールドで遊べたり、難しい設定がありません。

結局どれがオススメ?

やはりオススメなのは本家のマインクラフト「Java版」か、他機種間でも遊べる「統合版」の2つ。

統合版」はソフトを買うだけで始められる上、いくつかの環境(Switch、スマホ)で共有して遊べるので、気軽に友達・家族を誘ってプレイするのには最適だと思います。

特にスマートフォンは多くの人が持っているのでほとんどの人が一緒に出来るのはコイツでしょう。

Switchなら大画面でも出来るのでいっそSwitchを買ってしまうのもオススメです。

羊くん

難しい設定をしなくていいのもお手軽メェ~~

Java版」は手が出しづらいものの、マイクラをより楽しめる”mod”が使えるのでガッツリ楽しみたいならコレが一番オススメ。

本家ということもありますが、MODによっていろんな遊び方が楽しめるのはかなり楽しいですよ!

ブタさん

一緒に遊ぶ友達のマイクラの種類をしっかり確認しておきたいブヒね

各カテゴリー

こちらもオススメ