マイクラ Realmsとは?

マインクラフトのRealmsについて、サービスの概要やPlusサービスとの違い、各種マインクラフトでの値段について紹介。

本記事はRealmsの概要についてスポットをあてた記事です。実際の機能や使い勝手などは↓
【マイクラ】Realmsの機能や使い勝手を紹介。Switch版での所感など

Realms(レルムス)とは?

マイクラ レルムスのキャッチコピー

Realms(レルムス)とは簡潔にいうと運営にワールドを24時間稼働してもらうサービス

Realmsサービスを使用しない時、複数人で通信プレイをする場合ほとんどは一人が遊んでいるワールドに遊びに行くといった感じになるかと思います。

インターネットを利用したマインクラフトの通信

ただしこれにはワールドを作った人がオンライン上で遊んでいないと他の人がアクセスできないという制約があります。

インターネットを利用したマインクラフトの通信はワールド作成者が寝てるとプレイできない
遊びに行くワールドの所持者がマインクラフトをオンラインプレイしていないと入れない。
もちろん別のゲームで遊んでいる場合にも入れない
羊くん

ブタくんがプレイしてないと一緒に遊んだワールドで遊べないメェ~~(泣)

この問題を解決してくれるのがRealmsサービス。

Realmsでワールドを作成すると運営が24時間稼働してくれるので、招待した友達はいつでも遊びに行けるようになります。

マインクラフトのレルムスでプレイしてる状況

以前は24時間ワールドを作るのは難しかった

サーバー

本来こういった24時間ワールドは自前でMincraftサーバーを建てる必要がありました。

サーバーを建てるには専門知識が必要だったりサーバーマシンが必要であるため、ハードルが高く24時間ワールドを作っている人は限られていました。

しかしRealmsの登場によりワールドを作る際に「Realmsにする」を選択するだけで簡単に24時間ワールドが作れるようになったのです。

統合版とJava版に分かれる

マイクラ 統合版とJAVA版のRealmsイメージ

あとRealmsは「統合版」と「Java版」に分かれています。

Nintendo Switch、スマホ、PS4などの統合版マインクラフトより作成できるのが統合版Realmsです。

統合版Realmsは作った端末だけでなく統合版マインクラフトであればどの端末からも遊べるので、PS4で遊んでいる友達やスマホ・Switchなど様々な友達を呼ぶことができます(クロスプレイ)。

対してJava版RealmsはJava版のマインクラフトに対応したRealmsで、こちらはPCのJava版専用のRealmsになります。

ブタさん

Java版のRealmsはクロスプレイできないブヒ!

関連 【統合版マイクラ】スイッチやPS4、スマホ版でマルチプレイする方法(↑)

Realms Plusとは

マイクラ レルムスプラス

統合版のRealmsには「Realms Plus」というサービスがあります。
※Java版にはナシ

Realms PlusはRealmsの基本機能に加え、有料のワールドテンプレートやスキン・テクスチャが一部使えるといったサービス。

マイクラ Realms Plusのワールドテンプレート
使えるワールドテンプレートの一例

ただ現状のところ、統合版のRealmsは

  • 2人呼べる通常Realms
  • 10人呼べるRealms Plus

以上の2つから選ぶことになりますので、友達を3人以上呼ぶなら必然的にRealms Plusになります。

ブタさん

簡単にいうと3人以上で遊べるRealmsにすると・・・Plus特典がつくブヒよ!

値段

Realmsワールドに遊びに行く分には無料で、Realmsワールドを作成・維持するのにお金が必要になる仕組み。

Realmsワールドを作成するホストは料金を支払いますが、招待するフレンドはRealmsに加入する必要はありません

Realmsを作成する際に「同時に遊べる友達の数(2人or10人)」と「日数」を選んで購入します。

※以下の金額情報は2021/03時点の情報です。

統合版Realmsの値段

マインクラフト統合版

統合版のRealmsはすべてのエディション(PS4やSwitch)で一律料金ではなく、購入するエディションによって値段や購入できる日数などが異なっています

Realmsを作ればどのエディションからも遊ぶことができるので、もし複数のエディションをお持ちであればRealmsが安いエディションから購入するとお得です。
(というかSwitchだけ異様に安いのだ・・・)

Switchでの料金

プレイヤー数
日数
2人 10人
Realms Plus
30日
(約1ヶ月)
470円 940円
180日
(約6ヶ月)
1,241円

※1ヶ月約
 206円

2,930円

※1ヶ月約
 488円
※延長のみ

180日の長期購入プランがあり、それがかなり安くなっているのが特徴です。

Switchではオンラインプレイに「Nintendo Switch Online」が必要となりますので、加入していない場合はそれも含めて考える必要がありますね。
(でもSwitch Onlineは1ヶ月306円,12ヶ月2,400円なので、それを含めても他の端末のRealmsより安いんですよね)

なおSwitchで購入する際は一度マインコインパックを購入し、そのマインコインでRealmsを購入する方式で、上記の表は最も損するコインパックで購入した場合の金額値です。

詳しく 【マイクラ】最も安いSwitch版Realms!値段と作成・招待について!

PS4での料金

プレイヤー数
日数
2人 10人
Realms Plus
1ヶ月 440円 880円

オンラインプレイに「PS Plus」への加入が必要となりますので、加入していない場合はその金額も含めて考える必要があります。
(PS Plusの料金目安は一ヶ月約430円~850円)

なおPS4でのRealms購入は自動定額サービスになるので、期限が切れると勝手に延長されるのには注意が必要。
(PS4メニューの [設定]>[アカウント管理]>[アカウント情報]>[サービスリスト]より、変更が可能です)

またPS4はRealms Plusに限り30日間の無料トライアルがあるので、お試しで使えるようになっています。
ただ期間終了後は自動的に定額プランに切り替わるので、これもまた注意が必要です。

スマホ(iOS版)での料金

プレイヤー数
日数
2人 10人
Realms Plus
1ヶ月 480円 960円

iOS版Realmsは購入すると自動継続購入になってるので要注意。

(iOSの「設定」→「Apple ID(一番上のやつ)」→「サブスクリプション」で止めれます)

Windows10版での料金

プレイヤー数
日数
2人 10人
Realms Plus
1ヶ月 470円 930円
ブタさん

統合版Realmsは長期利用(180日間)で比べるとSwitchが飛び抜けて安いブヒ!

Java版Realmsの値段

マインクラフトJAVA版

プレイヤー数
日数
10人
1ヶ月
自動更新
904円
30日 1,130円
90日 3,050円
180日 5,420円

Java版は少人数で安価なプランがなくて、10人までのプランのみ

1ヶ月の自動延長プランが180日間まとめて購入した場合とほぼ同じ割引率になっています。

クレジットカードを登録すれば30日間の無料試用ができますが、期限が切れると自動的に1ヶ月延長プランになるのでその点だけ注意が必要。
(必要に応じて自動延長を止めましょう)

Realmsのデメリット

Java版の場合、Realmsにはデメリットもあることを覚えておきましょう。

Java版は元々自前でサーバーを立てて24時間ワールドを作っていましたが、それでは出来てRealmsでは出来なくなってるポイントが2つあります。以下の2つ。

  • Java版なのにModが入れられない
  • 12人以上で遊べない

統合版Realmsは特にデメリットが無いです。詳しくは後述)

Java版なのにModが入れられない

マインクラフト MODで遊んでいる様子
Java版はModを入れて拡張できるという要素がある

Java版ではModを入れて遊ぶということが、自前サーバーでワールドを建てた時も出来ていました。

しかしRealmsでは残念ながらModを入れて遊ぶことができません

Java版ではModを入れて遊ぶということはある意味基本の遊び方の1つと言っても過言ではないため、Modを遊ぶ人とってはかなりのデメリットです。

11人以上で遊べない

Realmsは最大でも11人(購入した人とゲスト10人)でしか遊べません

インターネットでワールドを公開して沢山のユーザーに遊んでもらおう、といった使い方は出来ないようになっています。

自前でサーバーを立てた場合、性能の高いインターネット回線とサーバーマシンがあれば可能でしたが、Realmsはあくまで「友達同士で遊ぶワールド」といった位置付けになるのかと思います。

※ただし招待できる数には制限がありません。同時プレイが自分入れて11人まで。

統合版はデメリットなし

マイクラ Realmsで複数プレイしている様子
Realmsで遊んでいる様子

デメリットがあるのはJava版だけで現状統合版はそもそもMincraftサーバーを作れないので、24時間ワールドを運用するなら選択肢がRealmsしかありません

以前はMincraft公式サイトよりサーバーソフトウェアが配布されており、ゲーム画面からサーバーを追加することで自前サーバーや野良サーバーで遊ぶことが出来ていました

しかし今現在、「公式サイトからサーバーソフトウェアが配布されなくなった」ことと「ゲーム画面から”サーバーの追加”ボタンが消えた」ことにより、自前でサーバーを建てること更にどこかのサーバーに遊びに行くことすら出来なくなっています

マインクラフト サーバーの追加の消失
以前はここの一番上に「サーバーを追加」ボタンがあったが消えている

【消えた配布リンク】Bedrock サーバー ダウンロード | Minecraft【↑】

レンタルサーバーの中には統合版も”できる”と言っているところもありますが、バージョンが古く実質的には遊ぶことが出来ないのが実情です。

そのため統合版で24時間ワールドを作ろうとするなら、デメリット関係なく必然的にRealmsになります。

ブタさん

サーバーを建てて遊びにいけるのはJava版の特権になったブヒよ!

Java版はRealmsだけじゃなくレンタルサーバーも

Java版の場合、Realmsの他にレンタルサーバーを利用するのもある程度簡単・安価にMincraftサーバーを建てれる手段なので触れておきます。

こちらは11人を超える人数で遊べたり、なによりModが入れれるというメリットがあります。

本来はサーバーの知識がある程度必要でしたが、ConoHa VPSで簡単にマインクラフトサーバーを作れるサービスがリリースされ、難しいサーバー知識がなくてもある程度簡単に作ることができるようになりました。

ただしレンタルサーバーは遊ぶ人数とそれに対応したプラン・値段については要注意

一見レンタルサーバーはRealmsと値段が変わらないように見えますが、ある程度遊ぶ人数(4~5人以上)がいると結構高いプランにしないとキツいという面があります。

安いプランでも人数に耐えれるか?はレンタルサーバーのサイトでしっかり確認しておきましょう

Realms ConoHa VPS
最安
ConoHa VPS
~10人向け
難易度 超簡単 普通 普通
人数 ~11人 推奨~4人 推奨~10人
Mod できない できる できる
値段 904円/月 968円/月 3,608円/月

※ConoHaは11人以上遊べるサーバースペックのプランもプランもあります。

個人的には、Modを使わないなら11人まで安く遊べるRealmsModをどうしても使いたい場合はレンタルサーバーを検討すると良いと思います。



その他の機能や使用感など

Realmsの機能は24時間ワールドを動かす機能だけではなく、自動バックアップによる復元機能やメンバー権限付与などの様々な機能があります。

マインクラフト Realmsによる定期バックアップその1
自動でバックアップされていく

それについては、Realmsの作り方・実際の使用感なども含めこちらに書いていますのでご参照下さい。(統合版視点です)