【マイクラ】レンタルサーバー(VPS)の選び方とおすすめ3選

マインクラフトのJava版において、マルチプレイをするためのレンタルサーバー/VPSを紹介する記事です。

レンタルサーバーを選ぶときにどのようなポイントに気をつけることや、実際に契約したレンタルサーバーの中からのおすすめを紹介します。

Java版マルチプレイにおけるレンタルサーバーについて

マイクラ、要塞と3人のスティーブン

Java版では、マルチプレイを行うときに自分たちでサーバーを用意する必要があります。

サーバーを用意する方法はいくつかありますが、この記事ではオススメのレンタルサーバーサービスを紹介します。

サーバーを用意する別の方法や、どの方法が良いかどうかは、次の記事にまとめています。

また、マインクラフト公式から「Minecraft Realms」と呼ばれるレンタルサーバーサービスがあります。

もしMODを導入する予定が無く、マルチプレイの参加人数が10人以下の場合は、「簡単」「安定」「安い」が揃ったRealmsがオススメです。

マインクラフト統合版Realms
公式のレンタルサーバー『Minecraft Realms』

サーバーを用意する他の方法
Java版Realmsの概要と他マルチプレイ方法との比較
Java版(PC)でのマルチプレイサーバーの作り方

レンタルサーバーを選ぶときのポイント

レンタルサーバーを選ぶときの大きなポイントは次の3つです。

  1. サーバーのスペック(安定性、快適さ)
  2. サーバー構築のしやすさ
  3. 料金と支払い

それぞれのポイントついて詳しく解説していきます。

サーバーのスペック

『Xserver for Game』のスペック
リンク:『Xserver for Game』のスペック

サーバーのスペック(性能)は、快適なプレイには欠かせません。サーバーのスペックが低いと、動作がカクカクしたり、最悪の場合はマイクラそのものがまともに動作しないこともあります。

一例を挙げると、「ブロックを高速で大量に壊そうとしたとき少し動きが止まったあと一気に壊れる」「mobの移動がカクカクする」「mobを攻撃したとき少し間を置いてからダメージが入る」など、ゲームに不具合をきたします。
(上記現象は、サーバースペック以外にも通信環境などでも発生します)

このような現象が起きてしまうと、マイクラをプレイしているときにストレスを感じてしまうため、そうならないぐらいのスペックが欲しいところです。

各項目 注目点
CPU CPUの性能が良ければ高負荷にも耐えることができます。

ですが、各社のプランではCPUが何コアあるかしか表記されていませんし、そもそもレンタルサーバーは他のユーザーとCPUを共有するため、どれだけ割り当てられるかも分かりません。そのためCPUスペックはアテにしにくい項目です。

メモリ メモリは同時に遊べる人数に影響が出やすい部分です。

プレイヤー数の目安として、「4人以下:2GB」「10人以下:4GB」です。レンタルサーバーによっては1GB以下のサービスもありますが、現バージョンのマイクラでは最低でも2GB以上は必要ですので注意して下さい。

容量
(SSD)
マイクラ本体のデータやMOD、ワールドのデータなどを保存する記憶容量です。

マイクラ本体が0.2GB、MODを大量に入れたとして2GB、ワールドをかなり遊び回ったデータを2GBとしても、最近のプランだと容量にかなりの余裕があります。

実際に容量を占めるのはワールドのバックアップ容量でしょう。
バックアップ機能は、「ワールドのデータ×バックアップを取った回数分」の容量を使用するので、こまめにバックアップを取っていると容量を圧迫しがちです。もちろん、古いバックアップデータは不要なら削除すれば良いだけなので、実際のところ容量に関してはそれほど困ることは無いと思います。

どのぐらいのスペックがあればいい?

結局のところ、どれぐらいのサーバースペックがあればいいのかどうかは参加する人数を目安に決めると良いです。

ですが、サーバーに負担をかける動作が多いと、目安の参加人数未満でも快適にプレイできない場合があります。

サーバーに負担をかける動作の一例を挙げると、参加する人数の増加、動物などmobを大量に出現させる、大規模なレッドストーン回路の運用、トラップタワーなどのギミックがある施設の運用など。

これらの要素が多すぎてプレイに支障が出るなら、原因となる要素を減らしたり、余裕を持ってランクの高いプランにするのも手です。

また、この記事で紹介するレンタルサーバーならいつでもランク良いプランに変更することができるので安心です。

ブタさん

サーバーのスペックが十分でも、レンタルサーバーだから混雑する時間帯だとちょっと重かったりする場合もあるブヒね

サーバー構築のしやすさ

レンタルサーバー(VPS)は、マインクラフトサーバーが簡単に導入できるものがオススメです。

というのも基本的にレンタルサーバー(VPS)は、黒い文字ばかりの画面である「コンソール」で操作しますが、これを使ってのマイクラサーバーの導入は慣れてないとかなり難しいものです。

マイクラ さくらVPSのコンソールログイン画面
『さくらのVPS』のコンソール

マインクラフト簡単セットアップがあるサーバー/VPSでは、サーバー側が自動的にマインクラフトサーバーを作成してくれるので、PCに不慣れなユーザーでも簡単にマイクラサーバーを作ることができます。コンソール操作に自信が無いユーザーは、必ずマイクラの簡単セットアップができるものを選びましょう。

あとマイクラの簡単セットアップがついてることは最低限マイクラサーバーが動くということですので、スペックの面でもクリアしていることが分かります。

料金と支払い

クレジットカードを持つ手(グリーンバック)

料金プランで最も重要な点はやはり値段の安さや性能とのコスパですが、1つ注意して欲しいのが「料金プランを途中で変更できるか?」という点です。

例えば「実際に契約したものの動作が重く快適にプレイできない」「途中から参加する人数が増えた」などで、契約プランではサーバスペックが足りなくなった場合、プランをスペックアップできればそのまま遊べることができます。

他にも未成年の方なら、「クレジットカード以外の支払いができるかどうか」などのポイントも気をつけたいところです。

おすすめのレンタルサーバー定番3選

各レンタルサーバーを実際に契約してプレイしたものの中から、おすすめで定番と言える3社を紹介します。(大量のTNTの起爆やmobを大量に沸かせるなど、高負荷テスト済)

いずれもレンタルサーバー業の大手企業であり、実績のあるところを選びました。

※料金情報などは2023年5月調べ

Xserver for Game

Xserver for Game、公式サイト■ 処理性能No.1!快適なゲーム環境なら「Xserver for Game」

『Xserver for Game』は、国内シェアNo1のレンタルサーバー会社である『エックスサーバー』からリリースされているサービスです。

『Xserver』といえば「安い!安定して使える!」で評判のレンタルサーバーですが、マインクラフトにおいてもその優良評価は変わりません。

簡単にマインクラフトサーバーが作れるのはもちろんのこと、立ち上げたマイクラサーバーの管理を行える「マインクラフトマネージャー」というサービスもついており、PCに不慣れなユーザーにも使いやすいのも嬉しいポイントです。

しかもMODサーバーである「Minecraft Forge」が簡単に作れるようになっており、本来は難しいMODサーバーの作成が非常に簡単に作れます。

『Xserver for Game』、マインクラフトサーバーの作成
契約時に「Minecraft」を選ぶだけで簡単にマルチサーバーを作成!

Xserver for Gameの弱点

『Xserver for Game』は他のレンタルサーバーと比べて弱点がありません。できることは一通り揃っており、値段は安くCPUリソースも安定的に使えます。よってマイクラサーバーとして一番にオススメしたいレンタルサーバーと言えるでしょう。

強いていうなら次に紹介する『ConoHa for GAME』は1時間ごとの支払いが可能なのに対し、『Xserver for Game』は1ヶ月ごとの支払いのみです。一週間に数時間のみの使用といった使い方だと、『ConoHa for GAME』の方が安いのでそちらも検討してみましょう。

Xserver for Game
オススメ度 ★★★★★
月額料金 2Gプラン:1,150円
4Gプラン:2,200円
簡単セットアップ
管理ツール
簡単MOD導入
上位プランへの変更
クレジットカード以外の支払い
1時間ごとの支払い

関連 Xserver for Gameで簡単マインクラフトサーバー作成

ConoHa for GAME

ConoHa for GAME、公式サイト■ ConoHa for GAME

『ConoHa for GAME』は日本最大の総合インターネットグループのひとつである『GMOインターネットグループ』が運営するサービスです。

こちらも『Xserver for Game』と同様、簡単セットアップに加え、マイクラサーバーの管理を行える「マインクラフトマネージャー」も使用することができ、MODサーバーである「Minecraft Forge」も簡単に導入できます

またレンタルサーバーでは珍しく1時間ごとの支払いに対応しており、短時間だけの利用だと非常に安くなります。手間はかかりますが「週末に少しの時間、友達と時間を待ち合わせて使う」というスタイルなら、かなり安く済ませることが可能です。

『ConoHa for GAME』、時間制課金
1時間ごとの支払いができるのは他のレンタルサーバーに無いメリット
リンク:ConoHa for Game 料金

ConoHa for GAMEの弱点

『ConoHa for GAME』はMODも簡単にできオールラウンドなサーバーですが、1ヶ月あたりの「料金が高い」点と「貰えるCPUリソースが安定しない」欠点があります。

『Xserver for Game』は1ヶ月単契約だと【1,150円/月】なのですが、『ConoHa for GAME』で1ヶ月単契約すると【2,032円/月】なので、基本料金は『Xserver for Game』の倍近くもします(2GBプラン)。たまに割引キャンペーンが行われることがありますが、キャンペーン込でやっと『Xserver for Game』の通常価格に並ぶ値段です。

また『ConoHa for GAME』のサービスは残念なことに、タイミングによってはサーバーのCPUリソースを貰えないこと度々あり、マイクラサーバーがまともに起動できないことがあります安定的に遊べるサービスとしては他の2社に比べると劣ります。

ConoHa for GAME
オススメ度 ★★☆☆☆
月額料金 2Gプラン:2,033円
4Gプラン:3,969円
簡単セットアップ
管理ツール
簡単MOD導入
上位プランへの変更
クレジットカード以外の支払い
1時間ごとの支払い

関連 ConoHa for Gameで楽々マインクラフトサーバー作成

さくらのVPS

さくらのVPS、公式サイト■ さくらのVPS

『さくらのVPS』は、古くからレンタルサーバーを提供してきた定番会社の『さくらインターネット』が提供するサービスです。

長年の安心・信頼の実績があるサービスで、マインクラフトも簡単に作れるようになっています。

さくらのVPSの弱点

さくらのVPSでは、残念ながら『Xserver for Game』や『ConoHa for GAME』にあるようなマインクラフト管理ツールがなく、MOD簡単導入もありません

料金も『Xserver for Game』と『ConoHa for GAME』の中間ぐらいなので、定番サーバー会社とはいえマイクラ的には微妙な立ち位置の印象です。

さくらのVPS
オススメ度 ★★★☆☆
月額料金 2Gプラン:1,738円
4Gプラン:3,520円
(石狩サーバー)
簡単セットアップ
管理ツール
簡単MOD導入
上位プランへの変更 ○ ※下位プランへの途中変更は不可
クレジットカード以外の支払い
1時間ごとの支払い

関連 さくらのVPSによるマルチプレイまとめ【導入・MOD等】

おすすめ3社まとめ

おすすめ3社を表にまとめたものがこちらです。

項目 Xserver for Game ConoHa for GAME さくらのVPS
簡単作成
管理ツール
簡単MOD導入
バックアップ機能
プランの途中変更
クレジットカード以外の支払い
1時間ごとの支払い
最安プラン(1ヶ月) 1,150円/月
(2GBプラン)
2,033円/月
(2GBプラン)
1,738円/月~
(2GBプラン)

※さくらのVPSは下位プランへの途中変更不可
※料金は1ヶ月契約で、キャンペーン無しの場合
※2023年5月調べ

結局どのレンタルサーバーがオススメ?

比較表にもありますが、「管理ツール」「簡単MOD導入」「バックアップ」など全ての機能が揃っていながら、値段が最も安いのが『Xserver for Game』です。

『Xserver for Game』は2023年4月28日にリリースされた後発のサービスということもあって、既存レンタルサーバーをかなり上回る形でリリースされています。

また表にはありませんが、実際に両方とも使った身からすると『Xserver for Game』のCPUリソースの割り当てに関しては滅茶苦茶良いです。

『Xserver for Game』の処理性能
リンク:Xserver for Game 性能

『Xserver for Game』は広告で「処理性能No1」をPRしておりますが、私の環境で比較しても『ConoHa for GAME』より50倍~400倍もCPUリソースを貰えています。(CPUリソースはサーバーを共用している他のユーザーとの兼ね合いもありますため、1つの参考までに!)

詳しく 【最定番!】Xserver for Gameで簡単マインクラフトサーバー作成

「機能」「安さ」「貰えるCPUリソース」全てが優れていますので、迷ったら是非『Xserver for Game』を選ぶのがオススメでしょう。

なお本記事で紹介した料金については、1ヶ月契約の割高な料金になっておりますため、長期利用だともっと安くなります。

例えば『Xserver for Game』だと、1ヶ月単契約:1,150円のところが1年契約だと月900円になります。じっくり遊びたい方ならそちらも検討してみて下さい。

■ マルチプレイを簡単にすぐ始められる「Xserver for Game」

こちらもオススメ