【マイクラ】レンタルサーバー(VPS)の選び方とおすすめ3選

マイクラJava版でマルチプレイをするためのレンタルサーバー(VPS)の選び方。

考えるポイントと定番のマイクラレンタルサーバー(VPS)を紹介します。

Java版マルチプレイにおけるレンタルサーバー(VPS)について

マイクラ、要塞と3人のスティーブン

Java版では、マルチプレイを行うときに自分たちでサーバーを用意する必要しなくてはいけません。

マイクラ用のサーバーサービスは「Minecraft Realms」という公式のサービスがありますが、MODが使えず呼べるのは10人以下という制限があります。特にJava版ではMODを使って遊ぶのも定番であるため、公式のサービスでMODが使えないのは非常にデメリットです。

マイクラ用のサーバーは自分で作成することもできますが、ポート開放・IPアドレスなどのネットワーク機器の知識がないと非常にハードルが高くなります。

そのためマイクラ用サーバーは、サーバー会社であらかじめ用意されたサーバー(VPS)を借りて使うのが一般的です。

サーバー会社は多くありますが、本記事ではマインクラフト用サーバーのための選び方を紹介します。

サーバーを用意する他の方法
Java版Realmsの概要と他マルチプレイ方法との比較
Java版(PC)でのマルチプレイサーバーの作り方

レンタルサーバー(VPS)を選ぶときのポイント

マイクラ用にレンタルサーバー(VPS)を選ぶポイントは以下の4つです。

  1. マイクラのゲームサーバーが自動構築できること
  2. サーバーのスペック
  3. マイクラの管理機能
  4. 1ヶ月契約か、時間性課金か
  5. 料金

マイクラのゲームサーバーが自動構築できる

Xserver for Gameは簡単にマイクラサーバーを構築できる
必ず簡単にマイクラサーバーが構築したレンタルサーバーを選ぶこと!
『Xserver for Game』

よほどPCに詳しくない限り、「マイクラのゲームサーバーが自動構築できること」は必ず抑えて下さい

スペックさえ満たしていればどのレンタルサーバー(VPS)でもマイクラサーバーを構築することは可能でありますが、家庭用ではないサーバーPCに1からサーバープログラムを導入するのは結構なPCマニアでも無い限り困難です。

マイクラサーバーの自動構築に対応しているのであれば、サーバー契約時や作成時に「Minecraft」を選ぶだけで作成と同時にマイクラサーバーが作成されるのですぐ遊ぶことができるようになりますので、これはほぼ必須のポイントになります。

マイクラ VPSのコンソールログインその3
1から導入する場合はこのような画面(コンソール)での操作が必要となるので注意。

サーバーのスペック

『Xserver for Game』のスペック
リンク:『Xserver for Game』のスペック

マイクラのサーバープログラムを動かすためには、ある程度のサーバースペックが必要です。

とはいえマイクラサーバーを自動構築できるサービスがあるレンタルサーバー(VPS)であれば、その時点でスペックはクリアしていることがほとんどなので、実際のところ気にする必要はほとんどありません

ただ多人数でそれぞれ新規エリア(チャンク)を開拓したりすると必要メモリ量が増加する傾向がありますので、そういったことが想定される場合は多めのメモリがあるレンタルサーバー(VPS)を考える必要があります。

CPUパワーにもよりますが5人ぐらいであれば2GBメモリでも全然いけますし、10人でも1箇所に集まるプレイであれば2GBメモリでも十分いけます。ただしMODによってはメモリをかなり使う場合が想定されるので注意して下さい。

自動構築に対応していないサーバーで確認するスペック

実際にマイクラサーバーで必要なスペックを示しますので、マイクラ自動構築に対応してないサーバーを選ぶ場合はこれを参考にすると良いでしょう。

機能 コンソールが使えること(VPSであること)

単にレンタルサーバーとだけしか書いてない場合は、機能が制限されてて独自のアプリケーションが入れられないようになっていることがほとんどです。よってマイクラのアプリケーションを入れることが出来ません。

「VPS」と書いているサーバーであればコンソールが使えますので、そこからマイクラのアプリケーションを入れることが可能です。必ずこちらを選択して下さい。
(VPSもレンタルサーバーの一種ではありますが、現実的にはそうなっています)

メモリ 最低2GB以上

古いバージョンでは1GBで動く時代もありましたが、現状2GBないと起動すらしません。

マイクラでは新規エリアをロードする際にメモリを多く消費します。よって多人数でそれぞれ新エリアを開拓するような場合はメモリがより多く必要です。5人程度であれば最低の2GBメモリでも十分ですが、10人以上で全員が冒険家気質であれば4GB以上のメモリを検討すると良いでしょう。

なおMODによってはメモリが増加するのもあるのでその点にも気をつけて下さい。

サーバー容量 最低500MBくらいで、推奨5GBは確保

レンタルサーバーは低スペックプランでもデータ容量は30GBぐらい用意されてますが、マイクラサーバーはかなりワールドサイズが多くなっても5GBぐらいなので、ここは実際には気にしなくて良いです。50人~100人とかでも無い限り、最低プランで事足りるでしょう。

なおスペックとしてはCPUパワーもあるのですが、レンタルサーバーはどれぐらいのCPUパワーが貰えるかは表記されていませんので判別がつきません

CPU2コアや3コアと表記されててても何のCPUなのか実際どれぐらい割当ててくれるのか?は不明なので、実際に使ってみて「起動スピードは早いか?」「快適かどうか?」「どの時間帯でも重くならないか?」を確かめるしかないです。

性能の低いCPUが4コア使えたところで性能はイマイチですし、表記CPUコア数は「常時利用可能なリソース」ではなく最大限利用可能なリソースです。よってサーバー会社によってはケチって実際はほとんどCPUを使えなかったりする場合もあります

マイクラの管理機能

マイクラサーバーの自動構築に対応したレンタルサーバーの中には、さらにサーバーのワールド設定が行える管理機能付きのサーバーがあります

通常サーバーのワールド設定は、特定ファイルの変更が必要であったり管理コマンドを入力したりしてちょっと手間なのですが、マイクラの管理機能付きだとブラウザ上で簡単に変更することが可能です。

例えば『Xserver for Game』だと、「難易度」「サバイバル/クリエイティブモードの切り換え」「管理ユーザーの登録」「許可ユーザーの登録」「バックアップ」などの機能および設定変更が簡単に出来るようになっています。

Xserverのマインクラフトマネージャー
『Xserver』の管理画面

こういった管理機能付きのサーバーを選ぶと管理が楽になりますので、選ぶポイントの1つになります。

1ヶ月契約か、時間性課金か

レンタルサーバー/VPSは基本的に1ヶ月24時間使用する「1ヶ月単位の契約」が基本ですが、中には1時間ごとに課金が発生する「時間単位の課金」が可能なサーバー会社も存在します。

マイクラサーバーはいつでも24時間稼働させて、各プレイヤーが自分の都合でいつでもワールドに来れるというスタイルで遊ぶ人が多いとは思いますが、「週末に半日程度しか集まって遊ばない」といったユーザーであれば時間課金が出来るサーバーの方お得です。

『ConoHa for GAME』、時間制課金
『ConoHa for Game 料金』

例えば上記『ConoHa for Game』では月額課金に加え、時間単位での課金にも対応しており、2GBプランなら1時間3.7円で利用することが出来ます。※2024/02/03時点の情報です。

例えば週末に8時間しか使わない場合、8時間✕4週✕3.7円で120円とかなり安いので、利用スタイルがあえば時間課金が可能なレンタルサーバーに絞って選ぶと良いでしょう。

(なおこの手の課金はサーバー停止だけでは料金が停止しないので、データ保存→サーバー削除が必要なのでその点は注意して下さい。また使う時はサーバー作成→保存データからでOKです)

料金

クレジットカードを持つ手(グリーンバック)

料金は安いほうが嬉しいところですが注意しなくてはならないポイントとして、サーバー会社はユーザーを獲得するためキャンペーン料金や長期利用の料金を提示する傾向がありますので、キャンペーン無しの1ヶ月単位の利用料金で比べることをオススメします。

一番安いように見えて、実は3年間も支払い続ける契約を提示されていたり、キャンペーンが切れると高くなってしまう場合がありますので、その点も考えながらチェックすると良いでしょう。

他にも未成年の方なら、「クレジットカード以外の支払いができるかどうか」などのポイントも気をつけたいところです。

おすすめのレンタルサーバー定番3選

レンタルサーバー会社は沢山ありますが、マイクラユーザーに人気がある定番サーバーは限られています。

そのマイクラ定番サーバーを、実際に契約してプレイした感想を踏まえつつ紹介していきますね。

※料金情報などは2024年2月調べ

Xserver for Game

Xserver for Game、公式サイト■ 処理性能No.1!快適なゲーム環境なら「Xserver for Game」

『Xserver for Game』は、国内シェアNo1のレンタルサーバー会社である『エックスサーバー』からリリースされているサービスです。

『Xserver』といえば「安い!安定して使える!」で評判の定番レンタルサーバーですが、マインクラフトにおいてもその優良評価は変わりません。

簡単にマインクラフトサーバーが作れるのはもちろんのこと、立ち上げたマイクラサーバーの管理を行える「マインクラフトマネージャー」というサービスもついており、PCに不慣れなユーザーにも使いやすいのも嬉しいポイントです。

しかもMODサーバーである「Minecraft Forge」、プラグインサーバーである「Paper」「Sgipot」も自動構築に対応しており、MODやプラグインを使って遊びたいユーザーにもマッチします。

『Xserver for Game』、マインクラフトサーバーの作成
契約時に「Minecraft」を選ぶだけで簡単にマルチサーバーを作成!

Xserver for Gameの弱点

『Xserver for Game』は他のレンタルサーバーと比べて弱点がありません。できることは一通り揃っており、値段は安くCPUリソースも安定的に使えます。よってマイクラサーバーとして一番にオススメしたいレンタルサーバーと言えるでしょう。

強いていうなら次に紹介する『ConoHa for GAME』は1時間ごとの支払いが可能なのに対し、『Xserver for Game』は1ヶ月ごとの支払いのみです。一週間に数時間のみの使用といった使い方だと、『ConoHa for GAME』の方が安いのでそちらも検討してみましょう。

Xserver for Game
オススメ度 ★★★★★
月額料金 2Gプラン:1,150円
4Gプラン:2,200円
簡単セットアップ
管理ツール
MOD対応
プラグイン対応 Paper
Spigot
上位プランへの変更
クレジットカード以外の支払い
1時間ごとの支払い

関連 Xserver for Gameで簡単マインクラフトサーバー作成

ConoHa for GAME

ConoHa for GAME、公式サイト■ ConoHa for GAME

『ConoHa for GAME』は日本最大の総合インターネットグループのひとつである『GMOインターネットグループ』が運営するサービスです。

こちらも『Xserver for Game』と同様、簡単セットアップに加え、マイクラサーバーの管理を行える「マインクラフトマネージャー」も使用することができ、MODサーバーである「Minecraft Forge」とプラグインサーバーである「Paper」「Spigot」も自動構築に対応しています

またレンタルサーバーでは珍しく1時間ごとの支払いに対応しており、短時間だけの利用だと非常に安くなります。手間はかかりますが「週末に少しの時間、友達と時間を待ち合わせて使う」というスタイルなら、かなり安く済ませることが可能です。

『ConoHa for GAME』、時間制課金
1時間ごとの支払いができるのは他のレンタルサーバーに無いメリット
リンク:ConoHa for Game 料金

ConoHa for GAMEの弱点

『ConoHa for GAME』はXserverと同じくオールラウンドなサーバーですが、「貰えるCPUリソースが安定しない」欠点を確認しています。

これは同一サーバーで他に収容されたユーザーとの兼ね合いもありますが、タイミングによってはサーバーのCPUリソースを貰えないこと度々あり、マイクラサーバーがまともに起動できないほどでした

そのため安定的に遊べるサービスとしては他の2社に比べると劣ります。

(2024/02/03追記:1ヶ月の料金はXserverの倍近くしていたのですが、後日足並みを揃えて安くなりました!)

ConoHa for GAME
オススメ度 ★★★☆☆
月額料金 2Gプラン:1,144円
4Gプラン:2,189円
簡単セットアップ
管理ツール
MOD対応
プラグイン対応 Paper
Spigot
上位プランへの変更
クレジットカード以外の支払い
1時間ごとの支払い

関連 ConoHa for Gameで楽々マインクラフトサーバー作成

さくらのVPS

さくらのVPS、公式サイト■ さくらのVPS

『さくらのVPS』は、古くからレンタルサーバーを提供してきた定番会社の『さくらインターネット』が提供するサービスです。

長年の安心・信頼の実績があるサービスで、最初にマインクラフトの自動構築に対応していたため長らくマイクラユーザーに親しまれているサーバーです。

さくらのVPSの弱点

さくらのVPSでは、残念ながら『Xserver for Game』や『ConoHa for GAME』にあるようなマインクラフト管理ツールがなく、MODやプラグインの簡単導入もありません

当然ながら後発の『Xserver for Game』と『ConoHa for GAME』にシェアを奪われており、現在はマイクラ的には微妙な立ち位置の印象です。

さくらのVPS
オススメ度 ★★☆☆☆
月額料金 2Gプラン:1,738円
4Gプラン:3,520円
(石狩サーバー)
簡単セットアップ
管理ツール
MOD対応
プラグイン対応
上位プランへの変更 ○ ※下位プランへの途中変更は不可
クレジットカード以外の支払い
1時間ごとの支払い

関連 さくらのVPSによるマルチプレイまとめ【導入・MOD等】

おすすめ3社まとめ

おすすめ3社を表にまとめたものがこちらです。

項目 Xserver for Game ConoHa for GAME さくらのVPS
簡単作成
管理ツール
MOD対応
プラグイン対応 Paper
Spigot
Paper
Spigot
バックアップ機能
プランの途中変更
クレジットカード以外の支払い
1時間ごとの支払い
最安プラン(1ヶ月) 1,150円/月
(2GBプラン)
1,144円/月
(2GBプラン)
1,738円/月~
(2GBプラン)

※さくらのVPSは下位プランへの途中変更不可
※料金は1ヶ月契約で、キャンペーン無しの場合
※2024年2月調べ

結局どのレンタルサーバーがオススメ?

比較表にもありますが、「管理ツール」「簡単MOD導入」「バックアップ」など全ての機能が揃っていながら、値段が最も安いのが『Xserver for Game』です。

『Xserver for Game』は2023年4月28日にリリースされた後発のサービスということもあって、既存レンタルサーバーをかなり上回る形でリリースされています。

また表にはありませんが、実際に両方とも使った身からすると『Xserver for Game』のCPUリソースの割り当てに関しては滅茶苦茶良いです。

『Xserver for Game』の処理性能
リンク:Xserver for Game 性能

『Xserver for Game』は広告で「処理性能No1」をPRしておりますが、私の環境で比較しても『ConoHa for GAME』より50倍~400倍もCPUリソースを貰えています。(CPUリソースはサーバーを共用している他のユーザーとの兼ね合いもありますため、1つの参考までに!)
※2023/05調べ

詳しく 【最定番!】Xserver for Gameで簡単マインクラフトサーバー作成

「機能」「安さ」「貰えるCPUリソース」全てが優れていますので、迷ったら是非『Xserver for Game』を選ぶのがオススメでしょう。

なお本記事で紹介した料金については、1ヶ月契約の割高な料金になっておりますため、長期利用だともっと安くなります。

例えば『Xserver for Game』だと、1ヶ月単契約:1,150円のところが1年契約だと月900円になります。じっくり遊びたい方ならそちらも検討してみて下さい。

■ マルチプレイを簡単にすぐ始められる「Xserver for Game」

シェアしてね!

こちらもオススメ