【マイクラ】「ハチの巣」の仕組みや回収する方法について解説!

マインクラフトに登場するブロック「ハチの巣」(蜂の巣)についての記事です。

ハチの巣を回収する方法や、ハニーボトルやハニカムの回収するまでの仕組みや安全に回収する方法を解説します。

ハチの巣について

マイクラ ハチの巣ブロック

ハチの巣(Java版ではミツバチの巣)とは、「ミツバチ」の家となるブロックのことです。

主に平原にて、木にぶら下がっているものを見つけることができます。


ミツバチの性質についてはこちらで解説しています。

ハチの巣の仕組み

ハチの巣はミツバチの特性を利用することによって、蜜を貯めることができます。

蜜でいっぱいになったハチの巣は、「ガラス瓶」や「ハサミ」を使って回収することが可能です。

蜜がいっぱいになるまで

マイクラ 花好きミツバチ

ハチの巣の近くに出現する「ミツバチ」は「花」の蜜(みつ)を集める性質を持っています。

ミツバチは花を探して飛び回り、花を見つけてからしばらくすると見た目が変化。

マイクラ ミツバチ蜜の有無
蜜ありだと白っぽい斑点が多く見られます。

蜜を集めたミツバチは、自分の家である「ハチの巣」または「ハチの巣箱(養蜂箱)」へと持ち帰って隠れてしまいます。

それからしばらくすると、再び花を求めてミツバチが行動を開始。

ミツバチが5回分の花の蜜を集めると、ハチの巣の見た目が蜜でいっぱいになります。

マイクラ ハチの巣蜜の有無
蜜でいっぱいになると、ぽたぽたとしずくが落ちてきます。

ハチの巣の回収について

ハチの巣からハニーボトルを回収する

マイクラ ハチの巣ハニーボトル回収

蜜でいっぱいになったハチの巣からは、ハニーボトル(ハチミツ入りの瓶)が回収できます。

やり方は、「ガラス瓶」を手に持ってハチの巣に向かって使用すればOKです。

このとき注意しておきたいのが、回収することによって近くにいるミツバチが怒ってこちらを攻撃してくること。

毒攻撃によって体力が大きく減らされる上に、毒攻撃を行ったミツバチは死んでしまいます。

ですが「焚き火」をハチの巣の下に置いた状態で回収すると、ハチに襲われることなく回収することが可能です。

マイクラ ハチの巣と焚き火

ブタさん

ハニーボトルは満腹度を肉3個分だけ回復し、毒を治してくれるアイテムブヒ!

ハチの巣からハニカムを回収する

マイクラ ハチの巣ハニカム回収

蜜でいっぱいになったハチの巣からは、ハニカムが回収できます。

やり方は、ハサミ」を手に持ってハチの巣に向かって使用すればOKです。

こちらもハニーボトルのときと同じように、回収することによってミツバチが怒って攻撃してきます。

ですが「焚き火」をハチの巣の下に置いた状態で回収すると、襲われることはありません。

マイクラ ハチの巣と焚き火

ブタさん

ハニカムは「ハチの巣箱(養蜂箱)」や「ハニカムブロック」の素材として使えるアイテムブヒ!

ハチの巣そのものを回収する

マイクラ ハチの巣回収

ハチの巣をアイテム化して持ち帰ることも可能です。

ですが回収するときは、エンチャント「シルクタッチ」が付いた道具を使用する必要があります。シルクタッチさえあればどの種類の道具でも構いません。

(シルクタッチとは、ブロックをそのままの状態で回収することができるエンチャントです。ガラスなどの壊すと消えるブロックや、石などの壊すと丸石に変化するブロックなどを、元の状態のままで回収することができます。)

普通に壊してしまうと、ハチの巣がアイテム化せずに消えてしまうので注意しましょう。

また、ハチの巣を壊すと近くにいるミツバチたちが襲ってきます。

そのため周りにミツバチが居ないときを狙って回収するのがオススメです。

ミツバチを中に入れたまま回収できる

ハチの巣は、最大3匹のミツバチを中に入れたまま回収することができます。

ミツバチを持ち帰りたい場合はこの方法が便利です。

ブタさん

ちなみに「焚き火」は、ハチの巣を壊すときには効果がないブヒ…

ハチの巣箱(養蜂箱)について

マイクラ ハチの巣箱レシピ
木材6個とハニカム3個をクラフト

「ハチの巣箱」(養蜂箱)でもハニーボトルやハニカムを集めることができます。

(養蜂箱は「ようほうばこ」と読みます。)

ハチの巣箱とは、ハチの巣とほとんど同じ効果を持ったブロックです。

大きな違いとしては、ハチの巣箱は素手で壊しても回収できること。

回収するときにシルクタッチが必要ないので持ち運びに便利です。

ただし、ハチの巣箱をシルクタッチ無しで壊すと、中にいたミツバチが怒ってこちらを攻撃してくるので注意しましょう。

ブタさん

やっぱり「シルクタッチ」があった方がいいブヒね…


ミツバチやハチの巣から入手できるアイテムはこちらでまとめています。

各カテゴリー

こちらもオススメ