マイクラ ポーションに効果を付与

マインクラフトにおけるポーションの作り方についての記事です。

初めてポーションを作りたい方に向けて、1から詳しく解説していきます。

ポーションについて

ポーションとは、様々なステータス効果を与えることができるアイテムです。

付与できるものは「毒」や「移動力低下」などのマイナスの効果があるものから、「暗視」や「移動速度上昇」などプラスになるものまで、全部で約20種類もの効果があります。

ポーションならではの便利な効果もあるので、ぜひ作り方をマスターして必要に応じてポーションを用意できるようになりましょう!

ブタさん

マイクラではポーションを作ることを醸造(じょうぞう)と呼ぶブヒ!

ポーションを作るときに必要なアイテム

※()の中はJava版での名称です。()の無いものはスイッチ版やスマホ版などの統合版での名称です。

ポーションをはじめから作るとき、必要となるアイテムの一覧です。

アイテム名 備考
マイクラ 醸造台アイコン調合台
(醸造台)
ポーションを作るために必要なツールです。
入手方法は「ブレイズロッド」1個と「丸石」3個をクラフト。ドロップ元のブレイズはネザー要塞に居ます。
ブレイズパウダー 調合台を使うときに必要な燃料となるアイテムです。
入手方法は「ブレイズロッド」をそのままクラフト。
ネザーウォート ポーションの元を作るために必要です。
入手方法はネザー要塞に自生しているものを回収。
ガラスビン ポーションの入れ物となるアイテムです。
作り方は「ガラス」3個をクラフト。
各種素材 ポーションに効果をつけるためにはそれぞれに適応したアイテムが必要です。

ポーションを作るとき、ネックとなるのが「ブレイズロッド」と「ネザーウォート」の存在。

このどちらも「ネザー要塞」と呼ばれる場所で入手できるアイテムです。

ネザー要塞とは、異世界「ネザー」にあるダンジョンのこと。

すぐに見つかる場合もありますが、あたりを探し回ってようやく見つけられることも少なくありません。

そのためしっかりと準備をしてからネザー要塞を探しましょう。

アイテムを持ち帰る目安としては、ブレイズロッドは5個以上、ネザーウォートは増やすことができるので1個以上あるとOKです。

ポーションを作るときの流れ

ポーションをはじめから作るとき、完成までの流れはこのようになります。

  1. ポーションを作るために必要なツール「調合台(醸造台)」を作る
  2. ガラスビンを作り、水を入れて「水入りビン」にする
  3. 基本となる「不完全なポーション(奇妙なポーション)」を作る
  4. 各種素材と組み合わせてポーションに効果を与える
  5. ポーションを使い方に合わせて加工する

続いてそれぞれのやり方について詳しく解説していきますね。

調合台(醸造台)を作る

マイクラ 醸造台

ポーションを作るためには「調合台(醸造台)」と呼ばれるツールが必要です。

これがないと何もできないので、まずは調合台を作るところから始めていきましょう。

調合台の作り方は、「ブレイズロッド」1個と「丸石」3個をクラフト。

ブレイズロッドはネザー要塞に居るモンスター「ブレイズ」のドロップアイテムです。

ガラスビンから水入りビンへ

マイクラ ガラスビンレシピ

続いてポーションを作る前に、まずは元となるガラスビンを作ります。

ガラスビンの作り方は、「ガラス」3個をクラフト。

ガラスは「砂」をかまどで焼くことによって手に入れることができます。

作成したガラスビンは、水に向かって道具を使うボタン(右クリックやZLボタンなど)を押すことによって「水入りビン」にすることが可能です。

基本となるポーションを作る

ポーションを作る前の最後の下準備として、あらゆるポーションの元となる「不完全なポーション」(Java版では奇妙なポーション)を作りましょう。

この不完全なポーションに各種アイテムを組み合わせることによって、ようやくポーションとして使うことができます。

(水入りビンのままポーションを作ろうとしても失敗してしまうので注意!)

作り方は、先ほど作った調合台を使ってこの画像のように各種アイテムをセットします。

マイクラ 不完全なポーションの作成

すると時間経過によって、水入りビンが不完全なポーションに変化します。

また、1度で最大3つのポーションを作ることが可能です。

ブタさん

いつでも好きなポーションを作れるように、たくさん用意しておくといいブヒね

※ただしブレイズパウダーの残りには注意!

ポーションに効果を付ける

マイクラ ポーションに効果を付与
不完全なポーション(奇妙なポーション)にしておくのを忘れずに!

出来上がった不完全なポーション(奇妙なポーション)と各種素材を組み合わせることによって、ポーションに効果を付けることが可能です。

またポーションに付与できる効果は、素材にしたアイテムによって異なります。

例えば「マグマクリーム」を素材にすることで、火を無効にする「耐火のポーション」の完成。

他にも「金のニンジン」では「暗視のポーション」になるなど、素材によって様々な効果があります。

ポーションに効果を付ける方法は、先ほど調合台を使ったときと同じように、各種アイテムをそれぞれの場所に配置するとOKです。

これが完了すると、ようやくポーションとして使うことができます。

ポーションを使い方に合わせて加工する

マイクラ ポーション効果時間延長

完成したポーションですが、このままの状態では自分自身にしか使えません。

例えば「毒のポーション」だと自分に使っても意味がないので、投げつけられる「スプラッシュポーション」に変化させる必要があります。

また、それ以外にもポーションの効果を強化したり、持続時間を増やすことも可能です。

やり方は先ほどと同じように、調合台に各種アイテムをセットすると作ることができます。

ポーションの種類 効果
スプラッシュポーション 投げつけることができるポーション。ポーションが命中した場所に効果が発動。
通常のポーションと比べて効果の持続時間が3/4になります。
各種ポーション+火薬
残留ポーション 投げつけることができるポーション。スプラッシュポーションよりも範囲が広く、命中した場所にしばらく効果が残ります。
スプラッシュポーションと比べて効果の持続時間が1/3になります。
各種スプラッシュポーション+ドラゴンの息(ドラゴンブレス)
効果の強化 ポーションの効果を強化。ポーションの種類によっては出来ない物もあります。
通常のポーションと比べて効果の持続時間が半分になります。
また「持続時間の延長」との両立はできません。
各種ポーション+グロウストーンダスト
持続時間の延長 ポーションの持続時間を延長。ポーションの種類によっては出来ない物もあります。
通常のポーションと比べて効果の持続時間が8/3倍になります。
また「効果の強化」との両立はできません。
各種ポーション+レッドストーン

ポーションの使いどころ

マイクラ ネザー要塞見渡す

ポーションは役に立つ効果を持っているモノも多いですが、ちょっとした問題点もあります。

その問題点となるのがポーションはストックができないこと。

ポーション1個につきカバンを1枠使ってしまうので、大量に持ち歩こうとすると他のアイテムを持ち運べません。

そのため、ポーションは必要なときに必要な分だけを持っていくのがオススメです。

中でも、よく使われるポーションと使うタイミングはこのあたりだと思います。

※緑色の文字はJava版での名称です。またJava版では不完全なポーションではなく「奇妙なポーション」と呼ばれます。

ポーションの種類 効果
耐火 火やマグマによるダメージを無効化。
地下の深い場所やネザーなど、ついうっかり溶岩ダイブしてしまってもこのポーションを飲めば助かります。
不完全なポーション+マグマクリーム
水中呼吸 水中でも呼吸ができるようになります。
「沈没船」や「海底神殿」を探索するときにはぜひ持っておきたいポーションです。
不完全なポーション+フグ
素手や剣などの近距離攻撃のダメージがアップします。
隠しボス「ウィザー」を倒すときに使っておきたいポーションです。
不完全なポーション+ブレイズパウダー
弱体化
弱化
攻撃力を低下させるポーション。
また、村人ゾンビを村人に戻すときに使用されます。
水入りビン+発酵したクモの目

おわりに

ポーションを作るとき、一部のアイテムは身近なもので作ることができますが、中でも手に入りにくいのが「ブレイズロッド」と「ネザーウォート」の2つ。

これらは異世界ネザーにあるダンジョン「ネザー要塞」に存在するアイテムです。

手に入れるには一苦労なので、しっかり準備してからネザー要塞を探し出して手に入れましょう。

また、ブレイズロッドから作れるブレイズパウダーは燃料として消費されるので、少し余分に持って帰っておくと良いです。

マイクラ 不完全なポーションの作成

実際にポーションを作るときは、「調合台」を使って「水入りビン」にネザーウォートを素材として「不完全なポーション(奇妙なポーション)」を作ります。

そこから各種素材を組み合わせることでポーションに効果を付けることが可能です。

ですがこの状態のポーションだと自分にしか使用できません。

そのため完成したポーションに「火薬」を混ぜて、相手に投げつける「スプラッシュポーション」へと変化させるなど、使い方に応じた加工をしましょう。

各カテゴリー

こちらもオススメ