マインクラフト Realms

公式HPがいまいち分かりづらいマインクラフトのRealmsについて、概要や使い方などをNintendoスイッチの目線で解説。

使い勝手や、Realmsの便利な機能や想定していたけど出来なかったことなども。

Realms(レルムス)とは?

Realms(レルムス)とは簡潔にいうと運営にワールドを24時間稼働してもらうサービス

Realmsサービスを使用しない時、複数人で通信プレイをする場合ほとんどは一人が遊んでいるワールドに遊びに行くといった感じになるかと思います。

インターネットを利用したマインクラフトの通信

これでも普通にプレイできるのですが、ワールドを作った人がオンライン上で遊んでいないと他の人がアクセスできないという制約があります。

インターネットを利用したマインクラフトの通信はワールド作成者が寝てるとプレイできない
遊びに行くワールドの所持者がマインクラフトをオンラインプレイしていないと入れない。
もちろん別のゲームで遊んでいる場合にも入れない

ワールドを持っている人とプレイ時間をあわせないと同じワールドで遊べないため、時間が空いたときに建築や鉱石掘りでもしようか、と思ってもなかなか出来ないという不自由さがあります。

羊くん

ブタくんがプレイしてないと一緒に遊んだワールドで遊べないメェ~~(泣)

この問題を解決してくれるのがRealmsサービス。

Realmsでワールドを作成すると運営が24時間稼働してくれるので、誰かがRealmsでワールドを立ち上げれば作った人がプレイしていなくても、いつでも他の人が遊びに行けるようになります。

マインクラフトのレルムスでプレイしてる状況

SwitchによるRealmsワールドは当然ながら統合版になるため、Switch同士だけじゃなくスマホ版やPS4版、Windows10版などからも共有してプレイすることが可能です。

マイクラ Realmsに参加している状態
Realmsに招待してもらうとフレンドの中に、Realmsワールドが表示される

またMicrosoftアカウントによりRealmsの使用状況は共有されるので、Switch版やWindows10版など端末が違っていてもログインすれば同じRealmsで遊ぶことができるというメリットも。

Realmsの各種機能

24時間稼働してくれるRealmsですが、ほかにも様々な機能があります。

メンバーの権限付与

マイクラ レルムスの招待と権限

Xboxアカウントで登録したフレンドがリストにあがっていますので、それを招待することによりRealmsメンバーに誘えるようになっています。
(招待コードを表示してそれを入力してもらう形でもRealmsメンバーになることも可)

メンバーには3つの権限を設定することができ、権限によりプレイできることに制約をつけることができます

ビジター
ブロックなどを壊したりスイッチなどに触ったりできない
メンバー
普通にプレイできる
オペレーター
普通にプレイできる上にプレイヤーを追放したりコマンドが使用できる

壊されたくない場合は権限をビジターに設定することで壊される心配がなくなります。

Realmsワールドの置き換え/ダウンロード

マイクラ Realmsワールドのダウンロード/アップロード

RealmsワールドをSwitchに保存してあるワールドに置き換える機能があります。

これによりSwitchで遊んでいたワールドをそのままRealms化することが可能になっています。

逆にダウンロード機能もあり、例えばRealmsを辞める時にワールドをSwitchにダウンロードして、ローカルに引き継いで遊ぶといった使い方も可能です。

定期的なバックアップと復元

Realmsのワールドは定期的にバックアップをとってくれる機能があります。

時間単位や数日単位でさかのぼることができ、それを現在のRealmsワールドに上書きすることが可能という豪華仕様。

マインクラフト Realmsによる定期バックアップその1
数時間単位でのバックアップや
マインクラフト Realmsによる定期バックアップその2
スクロールすると数日前にもさかのぼれる。

これにより「メンバーの誰かが建造物をぶっ壊していた」とかのケースに、時間をさかのぼって元に戻すことができます

Realms期限切れでも一定期間のワールド保持

Realmsの期限が切れるとワールドデータがすぐ削除されるかというとそうではなく、一定の期間ワールドは保持されててその期間中であればワールドデータのダウンロードが可能なほか、Realmsを更新すると以前のワールドで遊ぶことができます。

サブスクリプションが終了した場合、自分の Realms のワールドはどうなりますか?

サブスクリプションが終了すると、Realms のワールドにオンラインでアクセスすることはできなくなりますが、ダウンロードすることは可能です。将来的にサブスクリプションを更新した場合は、あなたのワールドに再びアクセスすることができます。

Realms FAQ | Minecraft(2021/03/18)

Realms Plusの購入画面のFAQに「Realmsが利用されてないと18ヶ月以上で削除する」という感じの文がありますので、18ヶ月は保持されると予想されます。

マインクラフト Realmsは18ヶ月で削除される
SwitchでのRealms Plus FAQより

Realms Plusはワールド・スキン・テクスチャが付属(統合版のみ)

統合版の場合、Realmsは一緒に遊べる友達の上限人数を「2人」にするか「10人」にするか選びますが、10人のは「Realms Plus」というパッケージになっていてRealmsの機能に加えてスキンやテクスチャ、ワールドテンプレートなどが色々付属しています。

わかりやすいところでいうと、いつも遊んでいるワールドの見た目を変えたり(テクスチャ)、操作してるキャラクターの見た目を変えたりすることができます(スキン)。

ただ一番の目玉であるはずのワールドテンプレートが英語ばかりで、ちょっと現状普通の日本人では遊べたもんじゃないな・・というのは要注意。

マイクラ、ワールドテンプレートが英語
ワールドテンプレートを試してみたが、日本語訳されておらず何をしたらいいか分からない
マイクラ キャラクタースキン
スキンが増えるのは嬉しい

SwitchでのRealmsの使い勝手

基本的なところは不自由なし

マイクラ Realmsで複数プレイしている様子
Realmsで遊んでいる様子

何人かでプレイしていますが、悪い意味でも良い意味でも無課金(Realms無し)で通信プレイする時と変わりませんね

例えばRealmsを使わずに通信プレイしている時に、土をシャベルで掘ってる時に割れ目が広がっているモーションがなくて掘れちゃったりしますけど、そういったラグはRealmsでも出てきます。

ただ海近くで動物を多く増やしてもRealmsだから異様に重いということもなく、いつもと変わらず不自由なく遊べますので、そういう意味では優秀かな?と思います。

マイクラ Realmsで動物を増やしまくっている様子
海近くで動物を増やしているが、特に挙動は変わらず

不安に思わせるエラーが出ることも

SwitchでRealmsのワールドアップロードや新規にマップを作成して遊ぼうとするとなんかエラーが出ることがあります。

特にSwitch本体で遊んでいるワールドをRealmsに置き換えようとしたら、エクスポート中でエラーが出るので「えっ出来ない!?なんで!?」とかなり焦りました。(何度やってもそう出るし・・・)

マイクラ スイッチのワールドをRealmsに置き換えるとエラー
遊んでいたワールドをRealmsで遊ぼうと思っていたのでかなり焦った

結局エラーは出るもののちゃんとワールドは置き換えられていたので良かったのですが、ちょっとSwitchのゲームソフトとしては「不具合でしょ」って思いますね。

できるかな?と思っても出来なかったポイント

僕が最初にRealmsに期待していたこととして「友達に管理権限をもたせてワールドを置き換えてもらう」ことと「SwitchからワールドデータをPCファイルとして保存できること」がありましたが、これらは2つとも出来ませんでした。

友達がワールドを上書きすることはできない

はじめは私がRealmsを契約して、友達が遊んでいるワールドデータで出来たらいいなと考えていまして、調べたら「オペレーター権限」があるので出来るかな?と思っていましたが不可。

オペレーター権限を与えてもRealmsワールドを編集する画面そのものに入れませんでした。
(上の方で述べた通りRealmsのオペレーター権限ってゲームをコマンド操作するぐらいしか出来ない)

マイクラ オペレーター権限を付与したメンバーの画面
購入したアカウントでは鉛筆マークがあり管理機能に入れるが、オペレーター権限を与えたメンバーでも鉛筆マークは出現しない

SwitchからワールドデータをPCへ保存できる機能はなし

ワールドデータのダウンロードは可能と書いてあったので「PCデータで保存できたりしないかな?」と思ったのですが、そういった別の端末にワールドを保存する機能はSwitchにはありませんでした

ただ実際に使ってみると

  • Realmsの期限が切れても18ヶ月以内であれば、Realmsにワールドが残ってて再開ができる
  • RealmsはMicrosoftアカウントで管理されるので、端末が変わってもRealmsの機能は共通して使えた

ということが分かったので、PCにあえて保存する必要性は無いことが分かりました。

僕はマインクラフトを2012年頃から楽しんでいて今後も長く遊ぶ予定ですが、これらの機能があれば長く楽しむことができそうです。

(補足するとWindows10版を持っていれば、それからPCにダウンロードすることが可能)

SwitchのRealms作成方法

SwitchからRealmsを契約するにはワールド作成画面か、ワールド編集画面より行います。

以下はワールドの編集画面ですが、新規作成する場合にも同様です。

Switchでレルムスを契約する、その1

次の画面で”2人の友達と同時で遊べる2人版”か”10人のRealms Plus”を選んだ後、規約の同意や実際の支払いなどがあります。

なお購入時にRealmsの名前を設定できますが、これは後から自由に変えれますので悩む必要はないです。

Realmsの料金(Switch)

レンタル料金は日数や同時に遊べる友達の上限(といっても2人or10人の選択肢しかないけど)によって料金が変動します。

Switchから契約した場合の金額目安としてはこんな感じ。

※以下料金情報は2021/03月時点。変わる場合アリ!

プレイヤー人数
日数
ゲスト2人まで ゲスト10人まで
30日
(約1ヶ月)
470円
(640M)
940円
(1280M)
180日
(約6ヶ月)
1241円
(1690M)
2930円
(3990M)※延長のみ
  • Mはマインコインの略
  • 上記の円表記はボーナスコインを含めず計算(1マインコイン=約0.74円)
  • Realmsは2人と10人の選択肢がありますが、この数は同時に遊べる友達(ゲスト)の人数です。2人なら自分含めて合計3人で遊ぶことができます。

SwitchによるRealms契約は現金ではなく、一度ニンテンドーeショップでマインコイン(M)を購入してから、そのマインコインでRealmsを購入する形式になっています。

この際、一度にたくさんマインコインを買うとボーナスコインが付き若干お得。
上の表はそのボーナスコインを省いて円計算してるので、ボーナスコインも考えるともう少し安いです。

スイッチ マインコインパックの購入画面
金額表はこれの一番安いやつで計算

といってもボーナスが付かない一番低い金額で「235円で320マインコイン購入(1マインコイン=約0.73円)」、最もボーナスが付く「5935円で8800マインコイン購入(1マインコイン=約0.67円)」なのでそんなに差はありません。(10%くらいお得になる)

ブタさん

あとSwitchは無料30日間っていうのが無かったブヒ・・・

お金がかかるのはRealms購入者のみ

Realmsサービスはレンタルによってお金がかかるのですが、お金がかかるのはレンタルする人(契約者)だけで、作成されたRealmsワールドをプレイする分にはお金がかかりません。

Realmを買った人に招待してもらって遊ぶ分には無料ですので、遊ぶ人同士で出し合ってやればさらお安い。

SwitchでのRealms延長はかなりお得

Minecraft (マインクラフト) - Switch

SwitchによるRealmsの延長は、他の統合版端末(スマホやPS4,PCなど)でRealmsをレンタルした場合と比べると半額ぐらい安いというメリットがあります。

10人のRealmsの場合、PS4やPC版、スマホ版など他の端末では180日間がおよそ「5,000円~6,000円」ぐらいするのに対し、Switchは3000円を切ってきます。

ただSwitchでオンラインプレイするためには「Nintendo Switch Online」に加入する必要があることには注意が必要。

といっても6ヶ月1200~1800円なので、それを差し引いても安いことは確かですし、特に他のゲームをオンラインプレイするために契約している場合やファミリー会員の場合はかなりお得ですね。

おわりに

マインクラフト Realms

思っていた機能がなくて落胆する部分はありましたが、思ったより色々機能があり安心してRealmsワールドを遊ぶことができています。

やはり24時間稼働は友達と遊ぶ分にはメチャクチャ便利で、大人数になるとかなりRealmsが欲しいところですね。

座標の表示はコマンドで

あと参考情報ですが、位置を確認しようと「座標の表示」をオンにしようと思ったら画面上の設定が無い仕様。

焦りましたけど、コマンドを入力することでONにすることができます。

/gamerule showcoordinates true

(ゲームルール 座標表示 オン)

ご参考までに。

各カテゴリー

こちらもオススメ