【マイクラ】スカルクカタリストの入手や使い方【発動条件と範囲】

マインクラフトに登場するブロック「スカルクカタリスト」についての記事です。

スカルクカタリストの入手方法や、動作に関する様々なルールを解説しています。

スカルクカタリストについて

マイクラ スカルクカタリスト

スカルクカタリストとは、近くにいるmobが死んだとき周りをスカルク系ブロックに変化させるブロックです。

このとき、mobの経験値がドロップしない、周りの石や土ブロックなどが広い範囲でスカルクに変化する(置き換えてしまう)など、クセの強い部分もあります。

スカルクカタリストの入手方法

マイクラ ディープダーク

スカルクカタリストの入手方法は3つあります。

  • ディープダークに生成されたものを回収する
  • ウォーデンのドロップ
  • 古代都市にあるチェストから

いずれの入手方法もディープダークに関係するので、ディープダークを探し出す必要があります。

また、スカルクカタリストを回収するときは、エンチャント「シルクタッチ」がないとアイテム化しないので注意しましょう。

ブタさん

スカルク系ブロックはクワがあると素早く壊せるブヒね。ちなみに回収は、どの道具のシルクタッチでも大丈夫ブヒ!

ディープダークの探し方

マイクラ 山岳バイオームディープダークは、高原や山頂などの山岳バイオームで生成されやすく、そこの地下深く(目安はY=0よりも下)で見つかります。
山岳バイオームには、他にもサバンナの高原なども含まれます。高低差の激しいところがポイントです。

スカルクカタリストの動作

スカルクカタリストの反応する範囲

mobが倒されたとき、スカルクカタリストが反応する範囲はJava版と統合版(スイッチ版やスマホ版、PS版など)で異なります。

マイクラ 統合版スカルクカタリストの範囲

マイクラ Java版スカルクカタリストの範囲

統合版の方が少し広いですが、どちらもスカルクカタリストを中心に球状となるのが範囲です。

この範囲でmobが死ぬとスカルクカタリストが作動し、周りのブロックをスカルクに変化させます。

スカルクカタリストが侵食するルール

スカルクカタリストがスカルクを生成するときは、次のようなルールがあります。

  1. mobが死んだ場所を中心にスカルクが生成される
  2. スカルクに変化する量はmobの持つ経験値に比例する
  3. スカルクに変化するブロックは石や土、砂系のブロックのみ
  4. 周りにスカルク系ブロックがある場合はスカルクをつたって侵食できるブロックを探す
  5. 周りに侵食できるブロックがない場合は無効になる
  6. スカルクカタリストが影響を与えるのは表面にあるブロックのみ

それぞれ簡単に補足していきます。

マイクラ スカルクカタリストの発動
mobが死んだ場所を中心に、スカルクに変化したり周りにスカルクヴェインが生成されます。
マイクラ スカルクカタリストと経験値
mobの経験値が多いほど生成されるスカルクの量が増えます。例えば経験値5のゾンビが死ぬと5ブロック分変化。経験値を持たないコウモリや動物の子供ではスカルクカタリストが作動しません。
マイクラ スカルクカタリストが侵食するブロック
スカルクに変化するのは、石ブロック、土ブロック、草ブロック、砂、砂利、安山岩、花崗岩、閃緑岩、ネザーラックなど。それ以外のブロックはスカルクヴェインが生成されるのみです。
マイクラ スカルクカタリスト侵食先を探す
mobの死んだ場所がスカルクに囲まれていても、周りに侵食できるブロックがないかどうか探します。(泡のようなエフェクトが出続ける)
マイクラ スカルクカタリストの無効
侵食できるブロックをしばらく探して、なかった場合は何も起きません。(泡のようなエフェクトが消える)
マイクラ スカルクカタリストは1ブロック下に影響しない
1ブロック下はスカルクカタリストの影響を受けません。影響があるのは表面のみです。

あとは細かい違いとして、Java版と統合版でわずかな違いがあります。

マイクラ スカルクカタリストの違い
統合版ではタワー状にブロックを積んでもスカルクに変化しますが、Java版ではタワーが高すぎると変化しません。
ブタさん

ちなみに溶岩や高所からの落下など、経験値がドロップしない方法でmobが死んでもスカルクカタリストは作動するブヒね

スカルクカタリストが生成するブロック

スカルクカタリストが作動したとき、次のスカルク系ブロックを生成、またはブロックを変化させます。

スカルクカタリストが生成するブロック
スカルク
スカルクヴェイン
スカルクシュリーカー
ブタさん

スカルクセンサーは生成率が低く、スカルクシュリーカーはさらに低いブヒね