【マイクラ】スカルクセンサーの入手方法や信号の範囲や条件、強さなど

マインクラフトに登場するスカルクセンサーについての記事です。

スカルクセンサーの感知できる範囲や条件、信号の強さから簡単な使用例なども解説しています。

スカルクセンサーについて

マイクラ スカルクセンサーサムネ

スカルクセンサーとは、周囲の音や振動を感知したときレッドストーン信号を発信するブロックです。

感知するものの例を挙げると、プレイヤーや動物の歩く音、ブロックを置くまたは壊すときの音、矢の発射物の音などを感知します。

スカルクセンサーの範囲内でそれらを感知すると、レッドストーン信号が約2秒ほど発信され、様々な回路が作動するといった仕組みです。

ブタさん

スカルクセンサーはボタンやレバーとは違って、離れた場所からレッドストーンを起動できるのがポイントブヒね

マイクラ スカルクセンサーの感知
アイテムを地面に投げ捨てると、その音をスカルクセンサーが感知します。
マイクラ スカルクセンサーの発信
スカルクセンサーが作動すると、レッドストーン信号が発信されます。

スカルクセンサーの入手方法

マイクラ スカルクセンサーの回収場所

スカルクセンサーの入手方法は、ワイルドアップデートにて実装されるディープダーク(deep_dark)に生成されたものを回収すること。

ディープダークは地下深く(Y=0以下を目安)に生成されるバイオームです。

スカルクセンサーを回収するときは、エンチャント「シルクタッチ」が付いた道具で壊さないとアイテム化しないので注意しましょう。

シルクタッチの付いた道具ならどれでも回収できますが、クワならすぐに壊すことができます。

マイクラ スカルクカタリストの効果
スカルクカタリストが起動したときにもスカルクセンサーが生成されることもありますが、そもそもスカルクカタリストもディープダークにしか存在しません。

スカルクセンサーが感知する範囲

スカルクセンサーが感知する範囲は、次の画像のようにスカルクセンサーを中心に最大で8マス先まで。

また、高さにも制限があり、高さ7マス以内なら感知することができます。

マイクラ スカルクセンサーの高さ限界

羊毛で感知をカット

マイクラ 羊毛によるスカルクセンサーのカット

スカルクセンサーは、音の発信源とスカルクセンサーとの間にブロックがあっても、問題なく感知することができます。

ですが、間に置かれてるブロックが羊毛なら、スカルクセンサーによる感知がカットされます。

羊毛によってカットされる条件は、発生した音または振動とスカルクセンサーとの間に羊毛が置いてあることです。

マイクラ スカルクセンサーの羊毛によるカット

また、羊毛ブロックを設置したときの音と、羊毛ブロックの上を歩く(走る、着地など)音なども、スカルクセンサーは感知できません。

スカルクセンサーの信号の強さ

スカルクセンサーは、直接回路とつなげた場合と、レッドストーンコンパレーターをはさんだ場合で性質が大きく変わるので注意しましょう。

直接回路とつなげた場合

スカルクセンサーとレッドストーン回路を直接つなげた場合では、感知した音の場所とスカルクセンサーとの距離によってレッドストーン信号の強さが変化します。

スカルクセンサーと距離が近くなるほど信号が強くなり、スカルクセンサー上で音を立てると最大のレッドストーン信号を発信します。

マイクラ スカルクセンサーと距離
スカルクセンサーと少し距離があると中くらいの信号を出しますが、スカルクセンサーの上なら最大の信号を出すことができます。

スカルクセンサーの範囲とレッドストーン信号の強さは次の画像のようになります。(統合版、Java版共通)

また、スカルクセンサーの上での信号は、最大である15の強さです。

マイクラ スカルクセンサーの範囲

レッドストーンコンパレーターを用いた場合

マイクラ スカルクセンサーとコンパレーター

続いてスカルクセンサーにレッドストーンコンパレーターを接続した場合について。

この場合では、スカルクセンサーとの距離によって信号の強さが変わるのではなく、感知する音や振動の種類によってレッドストーン信号の強さが変化します。

感知できる音や振動の種類は非常に多く、それぞれレッドストーン信号の強さが異なるので注意しましょう。

スカルクセンサーが感知できる音や振動の一覧

スカルクセンサーが感知できる音や振動の一覧です。

※スカルクセンサーを直接レッドストーン回路に接続した場合は、この表の数値は関係なく、スカルクセンサーとの距離が信号の強さを決めます。

※JEはJava版、BEは統合版(スイッチ版やPS4版、スマホ版など)における、レッドストーンコンパレーターに接続したときの信号の強さを指します。

感知する音や振動 JE BE
歩くまたは走る 1 1
ジャンプ(着地) 5 5
泳ぐ 3 3
水上に着地 6 6
mobに攻撃 8 8
ブロックを置く 12 12
ブロックを壊す 13 13
アイテムの落下 5 5
スプラッシュポーションが割れる 7 7
釣り竿で浮きを投げる 14 14
矢などを発射する 7 7
矢、釣り竿の浮きなどの発射物が命中する 8 8
エリトラによる飛行 4 4
TNTの起動 7 7
TNTの爆発 15 8
ベル(鐘)を鳴らす 6 6
チェストを開ける 15 15
チェストを閉じる 14 14
雷が落ちる 15 15
ピストンの押し出し 15 15
ヒストンを引く 14 14
ドア、トラップドア、スイッチや感圧板のON 11 11
ドア、トラップドア、スイッチや感圧板のOFF 10 10
食べた後のゲップ 8 8
ポーションを飲む 7 7
バケツや空き瓶で水を汲む 13 13
mobに食べ物を与える 8 8
羊にハサミを使う 9 9
防具立てを使う 9 9
トロッコによる移動 1 0
ボートによる移動 3 3
コウモリやミツバチの羽ばたき 2 1
ブタさん

ちなみにスニーク(しゃがんだ)状態の歩きなら、スカルクセンサーは感知しないブヒね

スカルクセンサーを用いた回路の一例

隠しドア

スカルクセンサーは回路を見えない場所に置いておくことができるので、隠しドアなどを作るときにピッタリです。

マイクラ スカルクセンサーを用いた回路例

例えばこのように、外側からだと何もないように見える壁です。

ですが、角のところでジャンプなどをして音を立てると、スカルクセンサーが反応してピストンが作動し扉が開きます。

マイクラ スカルクセンサーを用いた回路例2

ポイントとなるのが、音を立てる赤枠の場所はスカルクセンサーから8マス離れた場所なのでギリギリ範囲内にして、他の音や振動を感知させないようにします。

また、スカルクセンサーはピストンの音も感知してしまうので、羊毛を置いてそれを防いでいます。