マイクラ サーバーコマンドの使い方と一覧

マインクラフトのマルチプレイサーバーにおいて、サーバープログラムおよびコンソールで使えるコマンドの一覧と使い方を解説します。

関連 Java版(PC)でのマルチプレイサーバーの作り方

使い方

サーバーコマンドは、サーバーコンソールまたはマインクラフトサーバープログラムにて使用することが出来ます。

例えばWindwsでのサーバープログラムの場合は

マイクラサーバー サーバープログラムによるコマンド入力の場所

右下にコマンド入力欄があり、そこにコマンドを打ち込みEnterすることでコマンドが実行されます。

マイクラ サーバープログラムによる管理権限の付与

上記は管理権限を付与する「OP」コマンドの入力例です。
※コマンドには通常先頭にスラッシュを付けますが、Windowsのサーバープログラムでは省略することが出来ます。
※サーバー用のコマンド以外にも「/seed」などの全てのコマンドが使用可能です。

サーバーコマンドはサーバー設定ファイルserver.propertiesと併せて、マルチプレイのワールド管理には欠かせませんね。

関連server.propertiesの設定一覧と解説【サーバー設定】

サーバー用コマンド一覧

※特によく使いそうなものはオレンジ

コマンド 構文
解説
op /op [プレイヤー名]
指定したプレイヤーに管理権限を与える。

「/op hikicomorn」でプレイヤーhikicomoronに管理権限を付与する。

なお管理権限の許可レベルはserver.properties側で設定でき、デフォルトでは「/seed」,「/gamemode」,「/ban」などの全てのコマンドが使用できる許可レベルになっているが、許可レベルを落とすことでサーバーに関するコマンドは使わせない、などの制限が可能である。
(op-permission-levelの項目)

関連server.propertiesの設定一覧と解説【サーバー設定】

deop /deop [プレイヤー名]
指定したプレイヤーから管理権限を剥奪する。

「/op hikicomorn」でプレイヤーhikicomoronから管理権限を奪う。
(権限レベルを1に落とす。)

setidletimeout /setidletimeout [分]
無操作プレイヤーをサーバーからキックする時間(分)を設定する。(アイドルキックタイマー)

例えば「/setidletimeout 1」でアイドル状態1分でサーバーからキックする。

0指定で無操作によるキックはしない設定となる。

マイクラ アイドル状態によるキック サーバー

whitelist /whitelist on
/whitelist off
/whitelist add [プレイヤー名]
/whitelist remove [プレイヤー名]
/whitelist list
/whitelist reload
サーバーへのログインをホワイトリスト制にする・しないの設定。

ホワイトリストというのは、リストに含まれているプレイヤーのみログインが可能で、リストにないプレイヤーは一切ログインが出来なくなる。
(例えば友人のみで遊ぶ場合とかだと不正なログインを防げる)

「/whitelist on」でホワイトリスト制になり、リストへ登録してないプレイヤーのログインを弾く。

「/whitelist add hikicomoron」でホワイトリストにプレイヤーhikicomoronを追加。
(addのところをremoveでホワイトリストから消去)

「/whitelist list」でホワイトリストの登録情報を確認。

「/whitelist reload」はホワイトリストを管理するファイル「whitelist.json」を外部から編集した際の再読み込みコマンド。

マイクラ ホワイトリストのテキスト マルチプレイ

kick /kick [プレイヤー名]
/kick [プレイヤー名] [表示テキスト]
指定プレイヤーをサーバーからキック(ログアウト)させる。

「/kick hikicomoron ゲームは10時まで!」などと、キックされたプレイヤーに表示するメッセージも設定できる。

このコマンドはあくまでキックだけで、再度サーバーへのログインは可能。
(再ログインも受け付けない場合は後述の「/ban」を使う)

マイクラ キック時のテキスト マルチプレイ

ban /ban [プレイヤー名]
/ban [プレイヤー名] [理由のテキスト]
指定プレイヤーをサーバーから追放し、ブラックリストに追加する。
(ブラックリストに載ったプレイヤーはゲームから強制退場されログインできなくなる。いわゆるサーバーBAN。)

「/ban hikicomoron ひきこもろんプレイヤーでないと遊べないよ!」とプレイヤー名に続きテキストを指定することで、サーバーに入ろうと遮断した時に表示するメッセージが設定可能。

マイクラ ブラックリストで入れない サーバー

ban-ip /ban-ip [IPアドレス]
/ban-ip [プレイヤー名] [理由のテキスト]
指定IPアドレスのプレイヤーを追放し、IPをブラックリストに追加する。

「/ban」のipアドレス版。

pardon /pardon [プレイヤー名]
ブラックリスト(プレイヤー)から指定プレイヤーを削除する。

「/pardon hikicomoron」でhikicomoronをブラックリストから削除。

pardon-ip /pardon-ip [IPアドレス]
ブラックリスト(IPアドレス)から指定IPアドレスを削除する。

「/pardon」のipアドレス版。

banlist /banlist
/banlist players
/banlist ips
ブラックリストを表示する。

「/banlist players」でプレイヤーのブラックリスト、「/banlist ips」でIPのブラックリストを表示する。

「/banlist」では人数のみしか表示されない。

save-all /save-all
/save-all flush
サーバーデータのセーブを実行する。

‘flush’と指定するとサーバー処理を一時停止させてまで即セーブを優先実行させる。

なおデフォルトのサーバー設定は自動セーブが有効化されているので、それを無効設定にした際に有効的なコマンド。

save-off /save-off
サーバーの自動セーブを無効にする。
save-on /save-on
サーバーの自動セーブを有効にする。
stop /stop
サーバーを保存し、安全に停止させる。

server.propertiesの編集やワールドデータの消去、MODを入れた等のタイミングで、”ゲーム内から止めたい場合”に使う。

perf /perf start
/perf stop
サーバー・ゲームに関する情報を10秒間モニターにファイルに出力(キャプチャー)する。

start指定でキャプチャー開始、end指定で10秒待たずに終了させる。

上級者というか開発者向け。

debug /debug start
/debug stop
/debug function [関数名]
デバッグ用のセッションを開始・停止を行う。

デバッグを停止すると、サーバーフォルダのdebugフォルダにデバッグデータが格納される。

上級者というか開発者向け。

Ver 1.18、正式版リリース時点での情報に基づいています。

関連server.propertiesの設定一覧と解説【サーバー設定】