【マリオメーカー2】みんなでバトルでの投げ方や、勝つためのコツを解説

マリオメーカー2の「みんなでバトル」で勝つためのコツを解説します。

みんなでバトルはかなり運ゲー感は強いですが、ポイントを抑えておくとある程度勝率を上げることは可能です。

基本的な操作を覚える

まずはマリオの基本的な操作を覚えることから始めましょう。

各種スキンやバトル特有の投げなどのシステムを理解しておくのは大切です。

各種スキンの操作に慣れよう

マリオメーカー2 メイン

初代マリオやマリオワールドなど、各種スキンの操作に慣れておきましょう。

その理由として、それぞれのスキンによってできることが違っていること。

例えば壁キックなどはWiiUと3Dワールドしか使えません。

そういったテクニックを身に着けておくとタイムの短縮に繋がりやすいです。

他にもネコマリオといったパワーアップ状態のクセを掴んでおかないと、思わぬところでタイムロスが出ることも。

マニュアルの出し方は、+ボタンでメニューを開き、「ヤマムラ道場」から「マリオの操作」を選択すればOKです。

親切な虫親切な虫

もちろん遊びながら覚えていくのも良いですね!

相手の投げ方について

マリオメーカー2 みんなでバトル投げ

相手をジャマすることができる「投げ」についてもしっかり身につけましょう。

相手を投げる方法は、相手のすぐ側で「相手の方向にスティック+Yボタン+Rボタン」で持ち上げることができます。

あとはもう一度Rボタンを押すことによって投げることが可能です。

また相手が空中にいる間は持ち上げることができないので注意しましょう。

親切な虫親切な虫

相手に持ち上げられないように、自分も動き回るのが大事ですね。

クリア条件について

マリオメーカー2 クリア条件

みんなでバトルにおける、クリア条件の扱いは特殊なので覚えておきましょう。

まずクリア条件は、出題された条件を満たした一人のプレイヤーにのみに与えられます。

例えばクリア条件が「コインを100枚集める」なら、ちょうど100枚目を集めた人がクリア条件をゲットなどです。

また「死んでしまう」または「別のプレイヤーにふまれる」、このどちらかを満たすとクリア条件は失われます。

このときクリア条件がシャボン玉のようにそのあたりをフワフワするので、これを手にした人が再びクリア条件を入手可能です。

(ふまれたときは、ふんだプレイヤーに権利が渡ります。)

親切な虫親切な虫

カギもクリア条件と同じように、他のプレイヤーに奪われることもあります。

1位を狙うときのコツ

正直なところみんなでバトルはかなり運ゲー要素が強いです。

ですがちょっとしたポイントを抑えておくと少しだけでも勝率を上げていくことができます。

コースの難易度を探ろう

マリオメーカー2 みんなでバトル競争

プレイするコースの難易度を予測することは大切です。

特にヒントとなる、コースのタイトルは必ずチェックしておきましょう。

コース名はその中身を表す大きな要素なので、これを抑えておくとある程度コースの内容が把握できます。

例えば「1-1」「my first level」といったコース名なら、その名前から想像できる通り難易度が低いものが多くなってます。

そのためミスを恐れず全力でタイムアタックするのがオススメです。

逆に凝ったタイトルやスタート配置の時点で敵が多い場合は、慌てずキノコなどを回収して進みましょう。

すると次第にライバルがミスをして、いつの間にか自分がトップになってることも多いです。

親切な虫親切な虫

自分がミスしてして追いつけそうにない場合は、一度冷静になってキノコを取って慎重にクリアを目指すのも手です。

スタートダッシュについて

マリオメーカー2 スタートダッシュ

個人的にまだまだ研究中ですが、スタートダッシュについて触れておきます。

スタートダッシュでオススメの行動は2つです。

1つ目は開始直前に相手を投げること。

こちらは上手く決まれば相手が大きく後ろに後退したり、ガケに落とせるので非常に強力です。

ですが逆に相手に投げられる可能性もあるので、なかなかリスクのある行動になってしまいます。

2つ目は開始直前に後ろから助走をつけてジャンプすること。

こちらは相手が右側に固まってるときに特に有効です。

他のプレイヤーがぶつかり合いをしてる間にジャンプで飛び越えていけるので、一気にトップに立つことができます。

ただし相手にぶつからないよう上手く飛び越えていかないと、こちらの方が出遅れてしまうので注意しましょう。

クリア条件を持った人を狙う

マリオメーカー2 ゴール

クリア条件を持っている人は必ず逃さないようにしましょう。

自分以外の誰かがクリア条件を持っている以上、自身が1位になることはないので全力で妨害する必要があります。

そのためにもクリア条件を持った人を待ち伏せしましょう。

中でもせまい通路や、ツタで登る必要がある場所などに待ち伏せすると、妨害が成功しやすいのでオススメです。

妨害はほどほどに

マリオメーカー2 3Dスキン

妨害も大切ですが、まずはゴールを目指すことを忘れずに!

妨害できるのは基本的に目の前に居る一人のみなので、他の2人に追い抜かされる可能性もあります。

あくまでも第一はクリアを目指すこと、妨害に気を取られて時間をロスするのは本末転倒です。

ぶっちゃけ運ゲー

マリオメーカー2 タイトル

こちらで最後になりますが、正直なところみんなでバトルは運ゲーです。

ランダムでコースが選択される、ちょっとしたミスが大きく勝敗を左右するなど、不確定要素が多くなっています。

対戦ゲームの多くに言えることですが、モヤモヤ、イライラした気持ちでプレイしていても勝率は伸びません。

そのため勝てなくなってきたら休憩を取るなり、他のモードで遊ぶのがおすすめです。

親切な虫親切な虫

「みんなでクリア」なんかは息抜きに最適だと思います!

こちらもオススメ