【青ブタ】感想。思春期の繊細な悩みと解決を見事に描いた青春物語!

TVアニメ「青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」の感想と作品の紹介をしていきます。(ネタバレなし)

今の時代における、新しい青春モノの傑作だと思いました!

作品の概要

青ブタ メイン

――ねぇ、キスしよっか。
そう言って僕をからかってきた彼女は、しばらくして僕の前から消えてしまった。 図書館にバニーガールは棲息していない。その常識を覆し、梓川咲太は野生のバニーガールに出会った。しかも彼女はただのバニーガールでない。咲太の高校の上級生にして、活動休止中の人気タレント桜島麻衣先輩だったのだ。数日前から彼女の姿が”周囲の人間に見えない”という現象が起こり、図書館でその検証をしていたという。咲太は麻衣に協力する名目で彼女とお近づきになるが――?海と空に囲まれた町で、僕と彼女の恋にまつわる物語が始まる。

多感な思春期の頃にのみ起こる不可思議現象「思春期症候群」。

思春期症候群を引き起こした少女と出会い、それを解決するために「梓川咲太」はその原因となる悩みと向き合います。

この作品はそういった思春期の少年少女たちが持つ悩みや葛藤を描いた青春ドラマです。

原作は電撃文庫から「青ブタ」シリーズとして発刊されてるライトノベルとなっています。


全13話
主な属性:青春、学園、恋愛、シリアス、SF

スタッフ
原作:鴨志田一
監督:増井壮一
シリーズ構成:横谷昌宏
脚本:横谷昌宏
キャラクターデザイン:田村里美
音楽:fox capture plan
アニメーション制作:CloverWorks
キャスト
梓川 咲太:石川界人
桜島 麻衣:瀬戸麻沙美
梓川 花楓:久保ユリカ
双葉 理央:種﨑敦美
古賀 朋絵:東山奈央
豊浜 のどか:内田真礼
牧之原 翔子:水瀬いのり

個人的な感想

青ブタ 双葉

いやー非常に面白かったです!

いかにもライトノベルらしいタイトルのせいか、僕のアンテナには引っかからず放送中はスルーしていました。

(ラノベは苦手というわけではありませんが、ただなんとなく見てなかっただけです。)

ですがAbemaで放送してたのでなんとなく見始めてみると、あまりもの面白さに夢中になってリピートするほど!

リアルタイムをスルーしてしまったことを思いっきり後悔するほどの出来でしたね…。

悩みから生まれる思春期症候群と向き合う

青ブタ かえで

感想本題に入る前に少し作品の説明をしておきます。

この作品は思春期に抱え込むような悩みや思い込みが、実際に現象として現れる「思春期症候群」を題材にしたものです。

よくわからない方のために少し解説します。

作中の例を出すと、クラスにうまく馴染めないある人がいました。

その人はクラスとうまくやれないから空気のような存在でありたいとそう思い込み、誰にも関わらないよう空気として振る舞います。

そうやってクラスの空気であり続けた結果、やがて周りの人間がその人を認識しなくなり、空気そのものになるといったもの。

こういった思春期なら誰が抱いてもおかしくない悩みや思い込みが現実世界に侵食する現象、それが思春期症候群です。

物語の本筋としてはヒロインたちが起こす思春期症候群を、主人公が解決するといった流れとなっています。

誰よりも優しくなるための物語

青ブタ 咲太

思春期症候群を解決するにはやはり原因となる悩みを取り除くことなのですが、その各キャラの心理描写が素晴らしかったです。

キャラクターたちの持つ悩みや気持ちが痛いほどに共感するほどには。

そして中でも主人公「咲太」の優しさが胸を打つものだったのです。

咲太もまた思春期症候群の経験者で、一時は苦しみ自暴自棄になりかけてました。

そんな彼だからこそ、ヒロインたちが持つ思春期症候群に手を差し伸べることができる優しさを持ってます。

全力で、真っ直ぐで、あるいは気持ちを察して距離を置いて接する。

その行動には人としての思いやりが詰まっているんだなと感じさせるほどのものでした。

見終わった後は思わず自分もこうあれたら良いなと考えるほどです。

そういった人の心に沿ったドラマなので胸にこみ上げてくるものがあり、僕のガバガバな涙腺が止まらなくなるほどでした。

現在における思春期の悩みの描写がリアル

青ブタ 古賀

この作品は現在の少年少女が持つであろう悩みを上手く描いてるなとすごく感心しました。

それぞれが空気を読み合って生まれるクラス内での空気感や、SNSでのイジメ、いわゆるキョロ充的な友達間での悩み。

しっかり今の時代感に合ったテーマが描かれていたので、思春期症候群というファンタジー要素がありながらもお話自体はリアルに感じました。

そしてリアルだからこそ、少年少女たちが持つ悩みや葛藤が胸に突き刺さってくるのだと思います。

おわりに

青ブタ 麻衣

思春期に抱え込む繊細な悩みを上手く描き、青春モノとして非常に面白い作品でした。

とりあえずは3話で一つの話が完結するので、気になった方はぜひそこまで観てください。

また6月にはTV版の続きの新作映画が公開されるので非常に楽しみですね!

もしかしたら今回ばかりは僕もひきこもりを解除して、数年ぶりに映画館に赴くかもしれません。

こちらもオススメ